2017.02.23.Thu / 21:52 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






限りなく不可能に近いミッションに、
命を投げ出す仲間たち。

誰かに命令されたわけではない。
今までしてきたことを無駄にしない為に、
父親の願いを叶える為に、
そして、僅かに残されている希望の為に、
志願し死地に赴く彼ら。


自分たちの信じることの為に、
戦場に散っていった名もなき戦士たち。
その姿に胸が熱くさせられる映画。




帝国の圧政に苦しむ銀河。
そして、完成間近の究極兵器、デス・スター。
彼らに対抗している反乱軍。
しかし、結束力も弱く、
内にスパイも抱え、
帝国に対抗できる力を有しているとは言い難い。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1466 / タイトル ら行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2017.02.23.Thu / 21:45 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






世界遺産のギマラインス歴史地区を題材にした、
4人の監督によるオムニバス作品。

少ない語り口でも、
多くを連想させる。
とても不思議な味わいのする映画。

そして、取り残された人々の孤独、哀愁が感じられる映画。



街で小さなレストランを営む男。
しかし、目抜き通りに面していない為なのか、
他の店に比べて客の入りがとても悪い。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1465 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  海難1890  
2017.02.16.Thu / 21:42 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。

1890年のエルトゥールル号海難事故と
1985年のテヘラン脱出劇

困っている人を助けたいと思う心と、
優しさを受けた時の喜び。

そんな、人の優しさや真心は、
人々の記憶にとどまり、
海を越えて広がってゆくのだろう。

その事実に嬉しくさせられる映画。




遥か彼方から、
様々な困難を乗り越えやって来た、エルトゥールル号。
国や家族と遠く離れてきたが、もうすぐ再会できる。
しかし、帰国の途に就いた途端、
座礁してしまうエルトゥールル号。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1464 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2017.02.16.Thu / 21:38 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






リーマンショク時においても、
巨額なお金を得ることができた人々。
しかし、そこに爽快感はない。
むしろ、挫折感や悲壮感さえ漂う。

いつまでも今が続くと信じていた。
大きな波に乗れば自分も儲けられる。
逆に波に乗らなければ負け組になってしまう。
顧客に十分な説明もせず、
自身も分かっているつもりになっている。

そんな人々に運営されていた金融社会。


映画での表現はとても乾いていて、
愉快なシーンすらある、
だから、逆に伝わってくるのは、
経済破綻を前に能天気に騒いでいた人々への静かな怒り。
経済破綻により犠牲になった人々への静かな哀しみ。
利益に群がる救い難き人々への静かな怒りを感じた映画。



あなたをトラブルに書き込むのは、知らなかったことではない。
知らないのに知っていると思い込むことだ。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1463 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ミュンヘン  
2017.02.09.Thu / 21:32 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






報復の連鎖に陥ってしまった人々。
それは死ぬまで続くであろう生き地獄。

国の為に、
同胞の敵を討とうとした男。
存在しない人になり、
人を殺し、
神経をすり減らして消耗してゆく。

最初は、その意義がわかっていたはずだった。
しかし、迷路に迷い込み、周りを疑い、
大儀を失っていく。

果たして自分は誰を殺したのか?
そして、何を守ったのか?

最後には祖国を捨て去った男。
復讐が醸し出す暗闇。
謀略が醸し出す暗闇。
報復の迷宮の救われ難さを描いた映画。



「断ったら後悔する。」
ミュンヘンオリンピックの最中、
殺されてしまった同胞たち。
国を守るため、そして、さらなる犠牲を防ぐ為、
報復行動を決意したイスラエル。
その任務に就いた、アヴナー。
真面目で実直、国を愛していた男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1462 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.