FC2ブログ
2020.03.26.Thu / 21:38 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






この映画を未見の人は、映画を見てから下記を読んでください。
ネタバレ満載なので。
お願いします。




ストーリー運びのうまさ。
キャスティングの妙。
ラストのどんでん返し。
そして、迎える大団円。

迷宮の中にいて、
しかし、最後には自分らしい生き方を選択した女性。
その選択が、彼女自身を助ける。
そんなラストに幸せを感じさせる。
まさに大満足な映画。




有名なミステリー作家、ハーラン。
ハーランの屋敷に看護師として務めるマルタ。
嘘をつくと嘔吐してしまう奇妙な癖を持つ女性。
▽Open more.
* テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画 *
No.1776 / タイトル な行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  去年の冬、きみと別れ  
2020.03.26.Thu / 21:35 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






この映画を未見の人は、映画を見てから下記を読んでください。
ネタバレ満載なので。
お願いします。



常軌を逸した姉弟。
一流のジャーナリストになるべく、
その姉弟の闇に踏み込んだ男。
しかし、男は姉弟の闇に飲み込まれていく、、
そんな映画かと思っていた。
しかし、訪れる大どんでん返し。

この世界で掛けがえの無い者を見つけた男。
それが無くなれば総ては失われ、
自分の人生は意味の無いものになってしまう。
だから全力で守りたかった。
そして、奪った者たちには、
同等の報いを与えたかった。
それは彼女の想いとは全く正反対の行動。
それでも、男は復讐に走る。
彼女と別れる結果となろうとも。

強すぎた愛情がもたらした悲劇。
しかし、それは誰にも責められない。
とても哀しくて辛い映画。



幼き頃に経験した虐待。
姉からの強すぎる愛情。
そんな生い立ちから怪物化してしまった写真家、木原坂。
心に闇を抱え、他人の所有物に固執する男。
▽Open more.
* テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画 *
No.1775 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  Calling  
2020.03.19.Thu / 21:33 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






精神を病んでしまった妻と、
その妻と共に暮らす夫。

他人と生涯を共にするということは、
自身の人生の総てを捧げるということなのだろう。
未来の希望や夢、自由な時間。
それらを総て捧げる必要があるのだろう。

この映画は極端な例を描いてはいるものの、
本質的には普通の生活においても、
程度の差はあれど、
それは似ているのではないだろうか?

時に、いら立つ。
夢を捨てるのは辛い。
他人に任せてしまえば楽になれる。
妻からは感謝もされない、見返りもない。
こちらの気持ちは届かない。
そして、何時まで続くのかは、分からない。
しかし、妻との生活を続ける男。

贖罪や体面だけでは続かない。
男は妻との生活に尊い価値を見出しているのだろう。
総てを捧げても惜しくはない価値を。

そんな男の姿に圧倒される映画。
* テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画 *
No.1774 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ブラックパンサー  
2020.03.19.Thu / 21:29 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






圧倒的な力を持つ者たちは、
世界に対して、どのように行動すべきか?

その力を隠し、世界と断絶し、自分たちだけが栄えるのか?
その力を持って世界を従え導くのか?
それとも、その力を分け与え、共存していくのか?

最後の選択肢は他に比べれば圧倒的に難しく、
自分たちにも不幸を招くかもしれない。
しかし、その選択を敢えてした国王。

この映画はヒーローものの映画であり、
そのような問題を強くは意図していないかもしれない。
けれど、国王の決断のその後がとても気になる映画。




遥か昔に飛来した隕石。
その隕石がもたらした鉱石、ヴィブラニウム。
その鉱石がもたらす富により栄えたワカンダ。
しかし、国境を閉ざし、その富を独占してきた国。
▽Open more.
* テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画 *
No.1773 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  パラサイト 半地下の家族  
2020.03.12.Thu / 21:23 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






この映画を未見の人は、映画を見てから下記を読んでください。
ネタバレ満載なので。
お願いします。


計画なんて持たない方が良い。
計画を持つから失敗する。
計画が無ければ失敗はしない。
それは失敗し続けた父の人生訓。

人は望みや夢を持つからこそ、
それを叶えるために計画を立てる。
計画があるからこそ希望もわく。
計画を持つな、ということは、
人生に夢や望みを持つなということであり、
そして、人生に希望は無い、
ということなのだろう。

それでも最後に計画を立てる息子。
恐らく、それも叶わない夢なのだろう。

映画の序盤は笑いありのサスペンス。
しかし、後半は格差社会の実情を写す。
誰もが、どんなに足掻いても這い上がれない。
それが、とても、やりきれない映画。
まさに、ポン・ジュノらしい映画。




半地下に暮らす家族。
この一家は極貧というわけではない。
スマホは持ってはいるがネットに繋ぐ通信費用が払えない。
食料は調達できるが家の中の害虫は駆除できない。
そして、この環境から抜け出す方法を持っていない。
かろうじて生きては行ける。
しかし、この家族に足りないのは、
金銭よりも将来への夢や希望なのだろう
▽Open more.
* テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画 *
No.1772 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.