タイトル あ行 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
  明日の空の向こうに  
2017.11.16.Thu / 20:53 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






将来の夢と希望を求めて、
国境を越えようとする三人の子供たち。

過酷な現状を、たくましく生き抜く三人。
それは巡り合った大人たちの、
親切さや優しさに支えられている。
しかし、最後に直面する厳しい現実。
それは、優しい大人たちでも如何ともし難い現実。
それでも、笑顔を忘れない子供たち。

そんな厳しい現実の中でさえ、
生き生きとした子供たちの輝かしい笑顔。
そんな子供たちの笑顔が眩しく感じられた映画。




ロシアから逃避行を続ける三人の子供たち。
その中で一番幼い、ペチャ。
まだ、あどけなさが残る子供。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1539 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  海のふた  
2017.11.09.Thu / 20:50 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






自分の一番好きなことで生きていく。
それは、とても難しい生き方。
なぜなら、様々なことが邪魔をするから。

過疎と借金。
親しい人との死別。
遠くに行ってしまった彼氏。

自分の一番好きなことで生きていく。
もしかしたら、そんな生き方は、
とても独りよがりな生き方なのかもしれない。
そして、そんな生き方は、
とても勇気がいる生き方なのだろう。


大切なものを共有しているはずだった三人。
しかし、最後には離れ離れになる。
想いだけでは届かない世界があることを知った女性。
それでも自分の生き方を貫く覚悟を決める。

砂のように、手のひらから、指の間を、
大切なものが、サラサラと、こぼれ落ちてゆく。
けれど、手のひらに最後に残った大切なもの。
それが、とても愛おしい。
そんな感慨を感じた映画。





田舎に戻り、自分の一番好きな事で生きていく。
そんな生き方を決めた、まり。
意志がとても強そうな女性。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1538 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2017.10.05.Thu / 14:32 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






自分に自信が持てなかった青年。
しかし、タイム・トラベルの能力を得て、
大切な時をやり直し、
自身の人生を幸せなものへと変えていく。

けれど、タイム・トラベルは万能ではない。
何かを選択したら何かを失う。
何度繰り返せすことができたとしても日々の貴重さは変わらない。
一日一日を大切に生きることが、その価値を高めてゆく。
それはタイム・トラベルの能力を持っていても、
持っていなくても、なんら変わらない。

自身の人生を、より豊かにする術を見つけた青年。
普段は忘れがちな、その真実に、
人生の価値を再認識させられた映画。



ちょっと風変わりな一家と住む、ティム。
どこか自分に自信が持てない青年。
けれど、タイムトラベルの能力を持つことを父親から告げられ、
その日から人生が一変する。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1528 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  海辺のリア  
2017.09.14.Thu / 13:12 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






痴呆症を患っている老人。

この老人に対して、
憎み、疎み、捨てようとする長女。
罪の意識にさいなまれる義理の息子。
憎み、同時に愛している次女。

これらの思いは老人には届かない。
届かないというよりも、老人は偽りを信じている。
多分、それは老人が痴呆症を患う、ずっと以前から。

人と人との限りない断絶。
その断絶が哀しく感じられる映画。



痴呆症を患い、施設に預けられ、
そこを抜け出してきた、兆吉。
かつては、映画俳優だった老人。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1522 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  歩いても 歩いても  
2017.08.31.Thu / 23:15 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






心の底に秘めたる感情を押し殺している女たち。
単純なプライドに縛られている男たち。

だから永遠に断絶している。
彼らの距離は埋まらずに、
受けた悲しみも時間は解決しない。

大人であれば習慣を変えることは難しく、
家族であれば距離が近すぎて本音も語れない。
いつでも顔を合わすことができるのならば、
語り合うのも後回しでも構わない。

しかし、それでも救いはある。
今から家族になろうとしている人々。
今から大人になろうとしている少年。

普段通りの家族の会話。
そこに散りばめられた毒。
そんな毒に、時にクスりと笑わされ、
時にグサッと胸に突き刺さった映画。




兄の命日に親族が集まる。
すでに引退している医者で、父親の恭平と妻のとし子。
父親のもとに引っ越しを考えている、長女のちなみ。
就活中で子連れのゆかりと再婚した、良多。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1518 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.