FC2ブログ
タイトル わ行 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
  ワンダーウーマン  
2019.08.15.Thu / 20:41 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






諸悪の根源が存在するのであれば、
この世界は、どんなにか生きやすいだろう。
この世界の悲劇が、すべて一人の責任であれば、
そして、自分以外の誰かの責任なのであれば、、、

しかし、世界も人間も混とんとした存在。
一人の悪人だけが悪いわけではない。
皆が悪くて、皆に責任がある。

ならば、心に悪を抱えた人という生き物は、
守るに値しない存在なのか?
しかし、それは、その人が何を信じるかに依存するのだろう。

邪悪で混とんとした世界に打ちひしがれた女性。
しかし、その中にも信じることができる心を見つけることができた。
だからこそ、戦える。生きてゆける。
自身の生きる道を見つけ出すことができた女性。
その姿が輝いて見えた映画。

イケてる服を着ても、イケてない服装でも、
常に、おしゃれに見える、ガル・ガドットさん。
時に、力強く、気高く、
時に、弱く、心細く、
しかし、常に美しい。
そんなガル・ガドットさんの魅力満載な映画。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1713 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  忘れられない人  
2018.08.23.Thu / 12:15 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






よくある恋愛ストーリーかもしれない。
先が容易に読めて、サプライズも無い。
とてもストレートな恋愛映画。
しかし、それを映画として成立させているのは、
マリサ・トメイとクリスチャン・スレーターの繊細な演技。

幸せに憧れる切ない表情。
至福への、とまどい。
そして、幸福感一杯の二人。

最後まで自分の生を全うした男。
最後まで、その男への愛を全うした女。
二人に後悔はないのだろう。
そんな純粋さに魅せられた映画。



恋人ができても長続きしない女性、キャロライン。
無口で人付き合いが苦手な男性、アダム。
ともにダイナ―で働く二人。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1615 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ワンダーストラック  
2018.06.14.Thu / 20:16 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






自分の居場所が無かった少年と少女。
自らの居場所を見つける為に、
両親を探し求めて旅に出る。
様々な出会いに導かれ、
最後には自分の居場所にたどり着くことができた。

彼らにとっての居場所。それは、
自分を理解してくれる。
寂しさを満たしてくれる。
安心を与えてくれる。
未来への道を見せてくれる。
そんな大人たちがいる場所。

ラストに訪れた幸せな風景。
そんな幸せな風景にホロリとさせられる映画。



父親は知らない。
母親は死んでしまった。
孤独ではないが、
ここが自分の居場所とはどうしても思えない。
父親に会って話ができれば自分の居場所が見つかるかもしれない。
父親を求めて旅立った少年、ベン。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1598 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  わたしに会うまでの1600キロ  
2018.04.12.Thu / 16:31 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






母親を深く愛し、しかし、
その生き方を否定してきた娘。
だから、母親が死んだ時、
どのように生きたらいいのか、道に迷う。
しかし、答えは目の前にあった。
美しいものの中に身を置くこと。
最高の自分を見つけ出して、それを手放さないこと。
人生の良かったところだけ見ることは難しい、けれど価値はある。

母親が生きていた時には、
そんな生き方を否定し受け入れないで生きてきた。

母親が死に、母親を求めて荒野を彷徨った娘。
そんな娘の母親に対する愛憎入り混じった感情。
それが美しい自然の中で、浄化されてゆく。
母親の考えを素直に受け入れることができる。

旅の果てに、
自分が大好きだった母親の生き方を見つけ出したのだろう。
そして母親を乗り越えて生きてゆくのだろう。
そんな娘の姿に静かに感動させられた映画。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1579 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2017.06.22.Thu / 21:21 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






美しいもの。
しかし、その美しさは永遠には続かない。
美しいものは、
その美しさを失う宿命を持っているのかもしれない。

私利私欲無き仲間たちとの友情。
淡い初恋。
幻想にも似たトイレから眺めたダンス。

時が経ち、無残にも、
その美しさは汚されてしまった。

友情は美しいままに失ったと思っていた男。
残酷な現実を知り、それを拒絶する。
その美しさを自らの心の中でだけは、
永遠なものとするために。

かつてあった、若き日々の輝き。
不思議な哀愁で心が満たされた映画。


長い映画ではあるが長さは感じなかった。
情緒溢れる名シーンの数々。
その味わい深さが時間を忘れさせてくれる映画。




ニューヨークの下町に住むヌードルス。
仲間を率いて悪事を働き、小金を稼ぐ少年。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1499 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.