タイトル わ行 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
  わたしは生きていける  
2016.12.08.Thu / 21:19 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






核に攻撃された後の世界でのサバイバル。
心を閉ざした少女の成長を描いた青春映画。

しかし、両方が中途半端で、
あまり上手にミックスされているとは、
感じられなかった。

それでも、それを補って余りある、
シアーシャ・ローナンさんの魅力。

シアーシャ・ローナンさんの魅力溢れた映画。



イギリスからやってきた、デイジー。
とても気難しそうで愛想がなさそうな少女。
しかし、それは自身の心を、
誰か他の人の価値観やルールによって、
縛られているため。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1447 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  私たちのハァハァ   
2016.01.11.Mon / 22:39 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






共感が難しい女子高生という生き物。


刺激を求めて危険を顧みず、
ノリで突発的に行動を起こす。

無理だと理解していても、
仲間に誘われれば断りきれない。
そんな友達を無理に仲間に巻き込む。

自分の力よりは女子高生であることを武器にして、
しかし、その自覚が薄い。

様々な感情が邪魔をして、
好きなものに真っ直ぐには進めない。
けれど、諦めきれない。

大人のルールや礼儀など無視して突き進む。

様々な経験をしたにもかかわらず、
あまり変わっていない彼女たち。
それが彼女たちのバイタリティーなのか。

共感が難しい女子高生という生き物。
私が異性で年齢も離れているからだけではない。
多分、同姓でも難しいのではないのだろうか?

そんな彼女たちに、いちいち驚かされる映画。




「東京のライブにもぜひ」
好きなバンドに誘われて東京を目指す4人の女子高生。
社交辞令的な挨拶に我を忘れての行動、というわけでもなさそうだ。
4人のうち、社交辞令的な挨拶を真に受けたのは文子だけのように見えた。
真に受けたというよりは、
願望に火をつけられたというのが適切な表現のように思える。
一ノ瀬は、今の境遇に不満を抱えているからの行動のように見えた。
今を、此処を、脱出したい。そんな思いなのだろう。
さっつんは、皆でお祭り騒ぎするのが大好きだからだろうし、
チエは行きたくはないのに巻き込まれてしまったからだ。

▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1325 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  私の少女  
2015.08.20.Thu / 18:49 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






同性愛というマイノリティの悲哀。
幼き少女のしたたかさと残酷さを描いたサスペンス。
家庭内暴力と児童虐待。
過疎、高齢化、閉鎖された街の逼塞感。
不法滞在労働者への差別。
様々な要素が詰まった映画。

それらを無視して生きることは簡単だ。
目をそらしさえすれば、日常生活は上手く行っている。
でも、それは本当に上手く行っているのか?

少女の持つ純粋さと危うさが印象的な映画。



左遷され僻地の警察署長に就任したヨンナム。
とても真面目な警察官。

狭い街で行われている児童虐待。
しかし、誰もが見てみぬふり。
けれど、見過ごすことが出来なかったヨンナム。
虐待された子供、ドヒに諭す。
暴力は悪いこと、自分の身は自分で守らなければならない事。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1288 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2014.10.23.Thu / 14:15 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




しかし
過ぎ去ってしまえば
全ては幸せな思い出


不思議な出会い方をした男と女。

自信を失い、道を失い、人生を重ねていく二人。

それぞれの生活のしがらみ故に、相手を見失い、
しかし、お互いがお互いにとっての大切な人であるということに、たどり着く。
けれど迎えてしまう悲しい別れ。

楽しかったこと、辛かったこと、楽しいこと。
しかし、過ぎ去ってしまえば、全ては幸せな思い出。
出会った多くの人々、去ってしまった人々。
失った人々に思いをはせ、
残された人々との絆の大切さをかみしめ、
彼は残りの人生を生きていく。

過ぎ去ってしまった過去の総てが愛おしい。
そんな境地にたどり着いた男。
そんな男の幸せさが不思議な余韻となって心に染みる映画。




大学の卒業日に初めて言葉を交したエマとデクスター。
運命の悪戯で肉体関係には成らなかったものの、
強く魅かれ合う二人。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1232 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
  私の男  
2014.09.11.Thu / 16:38 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






家族を失った男と少女。
お互いの総てを理解しているとばかり思っていた。
確かに最初はそうだった。だからお互いを求め合った。

けれど、男が欲したものは、家族。
少女が欲したものは、男のすべて。

女は覚悟を決めて、捨て身で自分の信じた道を進み、
男はとまどい、後悔が強く心を支配する。

あなたの全ては私のもの。
女は最後には男を支配し、それを男は受け入れる。
この女の支配欲が向けられるのは自分だけ。
この女の支配欲に耐えられるのは自分だけ。

秘められた関係における強欲。
秘めた関係だからこそ、その欲望は濃密に熟成されるのだろう。
その凄まじさに圧倒される映画。



衝撃的なストーリー。
それを見事に演じきった浅野さんと二階堂さん。
そのすさまじさに身震いを覚えてしまうな映画。





地震と津波で家族を失った少女、花。
映画では経緯は述べられてはいないが、やはり家族を失っている淳悟。
家族として暮らし始める二人。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1220 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.