タイトル か行 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
  紙の月  
2017.04.06.Thu / 18:49 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






誰かに見ていて欲しい。
人間として、認められ、感謝され、好かれたい。
けれど、世界は彼女を無視するかの如く、
見ていてはくれない。

自分の生き方と世間の価値観。
世間の価値観に縛られれば、
無視が続く孤独な人生。
多額のお金が無駄に眠る不条理な世界。
しかし、世間の価値観は偽物。
壊したって構わない。
そして、この映画も彼女を否定してはいない。

自分を守るために世間の価値観に背を向けた女。
そして、どこまでも突き進んでいく覚悟を決めた女。
その壮絶な生き方が凄まじく感じられた映画。




銀行で契約社員として働く、梅澤梨花。

梨花の夫はとても優しいのだか、
しかし、梨花の事を見てはいない。
梨花の仕事は、単なるこずかい稼ぎと思っていたり、
記念に買った時計を安物と言い、
それを忘れたかの如く別な時計を買ってくる。
夕食も一人で先に済まし、
転勤が決まれば妻は着いてくるものと思い込んでいる。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1478 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  こころに剣士を  
2017.03.30.Thu / 12:39 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






運命に翻弄され、
自分の生き方から逃げざるを得なかった男。

目立つことを控えて、
他人ともできるだけ交流は控えるつもりだった。
けれど、平凡でもいい。
自分の人生を生きたい。
そして、子供たちにもらった勇気で、
自身の生き方を取り戻す。

そんな男の勇気に心ふるわされた映画。



元フェンシングの名選手であった、エンデル。
しかし、昔ドイツ軍に従軍していた為に、
今は、秘密警察に追われている男。
それは不可抗力なのだけれども、
それでも体制は許してはくれない。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1476 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ガール・オン・ザ・トレイン  
2017.03.23.Thu / 12:24 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






夫に裏切られていた女性が、
それを自分自身の過ち故だと責められ、
離婚の痛手から抜け出せないでいる。

理想を他人に求め、
自分が居たはずの場所を求めてしまい、
酒に溺れ、
前向きに生きることができない。

けれど、総てを悟った時、
妄想していた理想は幻と消え、
彼女たちも同じ痛みを持つ事を知る。

総てを悟った女性。
サスペンス映画より、むしろ、
その痛みが切なく感じられた映画。




夫と離婚した、レイチェル。
原因は夫の不倫。
けれど、レイチェルには様々な引け目がある。
夫が望んでいた子供を授かることができなかった。
夫の解雇は自分の犯してしまった過ちの為。
酒に溺れて過ちを犯し、しかし、記憶が無い。
総ては自分のせい。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1473 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  くちびるに歌を  
2017.03.16.Thu / 12:10 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






悩みや悲しみは人生についてまわる。
誰にも避けては通れない。

けれど、勇気をもってそれに立ち向かう。
自分だけならば、くじけてしまうかもしれない。
しかし、隣を見れば、誰もが戦っている。

戦っているからこそ、
逃げ出しそうな人の気持ちも、よくわかる。
だからこそ、応援したくなる。
そして、自分自身にも勇気が湧いてくる。


過去の傷故に逃げてきた女性。
父親に捨てられ逃げ出しそうになった女学生。
しかし、お互いがお互いを支え合唱を完成させる。

そんな彼女たちに胸が熱くさせられる映画。




長崎県の離島に、
親友の代理の音楽教師として働き始めた、柏木ユリ。
しかし、愛想もなければ、生徒になじもうともしない。
まるで、やる気が感じられない女性。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1472 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  海難1890  
2017.02.16.Thu / 21:42 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。

1890年のエルトゥールル号海難事故と
1985年のテヘラン脱出劇

困っている人を助けたいと思う心と、
優しさを受けた時の喜び。

そんな、人の優しさや真心は、
人々の記憶にとどまり、
海を越えて広がってゆくのだろう。

その事実に嬉しくさせられる映画。




遥か彼方から、
様々な困難を乗り越えやって来た、エルトゥールル号。
国や家族と遠く離れてきたが、もうすぐ再会できる。
しかし、帰国の途に就いた途端、
座礁してしまうエルトゥールル号。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1464 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.