タイトル か行 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
  ゴースト・イン・ザ・シェル  
2018.06.07.Thu / 20:02 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






自分の体と記憶を奪われた女性。
それ故に自分を大切に出来ないでいる。
刷り込まれた使命の為に、
危険を顧みず、自らの命すら投げ出す。

自分を愛してくれていた母親との出会い。
自分を信頼して助けてくれる仲間たち。

事の真相が分かった時、
本当は恋人と旅立つという選択肢も、
あったのかもしれない。
けれど、この世界に留まった。
ここには、まだ、しなければならない事が、
あることが分かったから。

記憶を求めていた女性。
しかし、記憶に頼らず自分の生き方を自分の意志で決める。
その最後の決断が愛おしく感じられた映画。


狐を殺すのにウサギを寄こすな。
独特の存在感を放つ北野武さん。
活舌がもう少し良かったなら、、、
そこがとても残念。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1595 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  海賊とよばれた男  
2018.05.24.Thu / 13:34 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






新規参入を許さず、
利益を独占しようとする人々。
権力を傘にして、
自分たちの基盤を守り、
甘い汁を吸い続ける者たち。
力ある者がますます栄え、
さらに力を増し、
力によって他を締め出す。

そんな巨大な敵に戦いを挑む。
けれど、まともに戦ったのでは勝ちはない。
団結力と信頼、熱い情熱。
それらを武器に海賊まがいの方法で戦いを挑んだ男たち。

彼らが切り開いていった道の先に、
今の日本の繁栄があるのだろう。
それが、とても感慨深く感じられた映画。



これからは石油の時代。
そう信じて企業を起こした、国岡鐡造。
士魂商才、武士の魂と商人の才で事業を営む男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1591 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2018.04.05.Thu / 16:23 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






障害にもめげず、
自身の夢を叶えるため、
人並み以上の努力をした青年。

夢を諦めず、努力して追い求めることの素晴らしさ、
を描いた映画かもしれない。
しかし、それ以上に印象に残ったこと。
一人では不可能なことも、
仲間が力を合わせれば可能になるということ。
個人の努力は誰かが見ている。
そして手を差し伸べてくれる。助けてくれる。

出来過ぎた話なのかもしれない。
現実的ではないのかもしれない。
しかし、仲間という者の存在の有難さ。
諦めずに努力し続ければ、
仲間がきっと手を差し伸べてくれる。
その有難さが心を温かくしてくれる映画。



5つ星ホテルで働くという夢を持つ青年、サリー。
しかし、視覚を失ってしまい、
就職は困難を極め、それでも諦めきれないサリーは、
目が見えないことを隠して、
見習いとして採用されることに成功する。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1578 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  駆込み女と駆出し男  
2018.03.15.Thu / 19:51 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






夫と離縁したい。
様々な女性が抱える様々な訳。
それが時に可笑しく、時に哀れで、涙を誘う。

まだ、女性が自立し難い世の中。
教育も受けられず、
勝手に夫となる人を決められ、
自分では離縁はできず、
人生をやり直すことも、ままならない。

才能はあっても、なにも知らなかった女性。
皆に多くを教わり、
それらを貪欲に吸収し、
最後には、
自分で自分の生き方を決めることができるようになった。
最後に訪れる大団円が心地よく感じられた映画。




幕府公認の縁切寺、東慶寺。
そこに駆け込む三人の女性。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1572 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  カリフォルニア・ダウン  
2018.02.15.Thu / 14:16 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






助けることができなかった末娘。
失ってしまった父親としての自信。
しかし、大震災を前にして、
必ず娘を助けることを心に誓う。

ストーリーは定番的でご都合的。
主演が強すぎて見ていて安心すら感じる。
しかし目が離せなかった大迫力の震災シーン。

ドラマ的には弱すぎるものの、
震災シーンの迫力に我を忘れた映画。




妻から離婚を求められている、レイ。
レスキュー隊の隊長を務める男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1563 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.