fc2ブログ
タイトル な行 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
  ねこのひげ  
2023.12.14.Thu / 19:15 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






人生において人は何かを選べば、何かを失う。
欲するもの総てを手に入れることは、難しい。
そして失ったことに対して後悔に苛まれるのだろう。
だからと言って選択を躊躇し、
立ち止まってもいられない。
あいまいな状況を耐えられるほど、
人は強くはないからだ。

結婚すればすべてが保証されるわけではない。
未来永劫添い遂げるということを確約するわけではない。
そして結婚するという選択が何かを劇的に変えるわけでもない。

それでも結婚という選択をした二人。
多くの者を傷つけ、多くのものを失うとしても、
今持っている誠意を相手に示すことが大切なのだろう。
先のことなどわからないし保証もできない。
それでも今の気持ちを尊重したのだろう。

それが良いことなのか悪いことなのかすらわからない。
それが人生というものなのだろう。
そんなことを感じた映画。



雑誌編集者のえり。
脚本家である賢治。
不倫関係で同棲している二人。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2146 / タイトル な行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2023.11.02.Thu / 19:49 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






ナチスに捕らわれ、
拷問以上の責め苦を負わされた男。
それに屈することなく、しかし、
その精神を疲弊してしまう。

人は衣食住を提供されただけでは生きてはいけない。
人間らしく暮らすには文化的な刺激が必要だ。
男が見せた鬼気迫る渇望が衝撃的な映画。

題名は「ナチスに仕掛けたチェスゲーム」
ただ、どちらかと言えば、
ナチスに仕掛けられ最後まで耐え抜いて、
精神的に異常をきたしてしまったという印象を持った。
邦題が残念な映画。



ウィーンで公証人を務めていたヨーゼフ。
裕福で優雅な生活を送っていた男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2136 / タイトル な行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ナイル殺人事件  
2023.11.02.Thu / 19:45 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






探偵とは、なんと因果な商売なのだろう。
誰も彼をも疑い、
相手の神経を撫でまわすような質問を繰り返しては、
その人の秘密を暴き、
触れられたくない過去を話すよう強要する。
そして自分自身の感情さえも殺さなければならない。
私情を交えれば目が曇るからだ。
そして、殺人者を追い詰め、無用の被害者を生じさせる。

自身の配慮の無さで過去に大切な人々を失ったポアロ。
だからこそ、非情に徹する。
しかし、それはポアロが望んではいないことなのだろう。

最後に自身の人間性を取り戻そうとするポアロ。
愛は人を殺す、しかし、愛は人を生かす。
そんな言葉が思い浮んだ映画。



映画の冒頭は第一次世界大戦。
見事な観察力で味方に勝利をもたらしたポアロ。
しかし、自身が油断したために、上官が死んでしまった。
顔にも大きな傷を負ってしまった。
軽率にも戦場に呼んでしまった恋人。
自分が呼ばなければ死なずに済んだかもしれない。
心と顔の傷を隠し、人が殺されることを憎み、非情に徹し、
殺人者を暴くことを生業とするようになったポアロ。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2135 / タイトル な行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ブレイブ -群青戦記-  
2023.03.30.Thu / 20:29 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






失敗することを恐れ、
失敗により傷つくことを避けて、
挑戦すらしなかった青年。

戦国武将に導かれ、
守らなければならない者に気付かされ、
懸命に挑戦することの大切さを知る。

自分に自信が持てれば、
生き方を変えることができる。
最後の選択は少し無理やり感を感じたものの、
青年の成長と自信の芽生えがうれしい映画。


松山ケンイチさんの存在感。
三浦春馬さんのカリスマ性。
それらも印象に残った映画。



弓道部に所属する西野蒼。
懸命になることに意義が見いだせない青年。
というよりも懸命に挑戦しても、
結果が伴わなければ傷つくだけ。
昔、剣道部で考太には敵わなかった。
だから逃げた。
そんな過去を持つ青年。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2076 / タイトル な行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  2067  
2022.10.06.Thu / 20:57 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






絶望とも呼べる運命との闘い。
父親への憎しみ、そして和解。
人間は地球にとっては寄生虫なのか?
一度、滅びなければやり直せないのか?
人類を信じることはできないのか?

家族とも呼べる存在か、
それとも崇高な任務か。

愛する人のもとに戻ることか、
それとも愛する人を救うことか。

その狭間で揺れ動いた男たち。
その葛藤が心に残る映画。

ただ、もう少しシンプルにも描けたのではないのか?
そこが残念な映画。



酸素が枯渇しつつある未来の地球。
そこで暮らす、イーサン・ホワイト。
父親に捨てられたが故に、
愛する妻を大切にしたいと願う男。
しかし、人工酸素に拒否反応を示してしまう妻。
助けるには未来にあるはずの治療方法を手に入れるしかない。
人工酸素を製造しているクロニコープ社が開発したタイムマシンで、
未来に旅立つイーサン。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2027 / タイトル な行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.