fc2ブログ
タイトル は行 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
2024.04.11.Thu / 20:44 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。







切っ掛けは些細なことだった。
2分間の黙祷を授業開始時に実施した生徒たち。
しかし、それが思わぬ結果を呼び込む。

盲目的に社会に従っていれば、
安泰な未来と生活を得られるはずだった。
しかし突きつけられる非情な選択肢。
友人を裏切り自分だけの安定を図るのか?
友人を庇い、自身の未来を捨て去るのか?


最後には大多数の者が後者を選ぶ。
友情の為だけではないのだろう。
卑怯者には成りたくはない、
ということだけではないのだろう。
彼らが選んだのは自身の考えを主張できる自由。

最後には自分たちの行動を自分たちが決める。
それは決断するということは、
責任を伴うということを知ったからだろう。

社会的な思想の対立というよりも、
自身の行動に責任が伴うことを学んだ若者たちの映画、
という様に感じた。
代価と犠牲にしたものは大きかったが、
大切な事を学んだ若者たちを描いた映画。




西ドイツで知ったハンガリーの悲劇。
ソ連の支配にささやかであっても反抗したい。
ハンガリーの人々に共感を示したい。
授業の開始時に2分間の黙祷を提案した学生、テオとクルト。
そこには社会的な思想は無いように見えた。
どちらかと言えば征服者に対する反抗心のように感じられた。
若者たちが持つ一種のノリのようにも見えた。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2180 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ほかげ  
2024.03.14.Thu / 17:47 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






怖い人になれなかった者は戦場で死に、
怖い人になれた者は戦後に苦しむ。
いずれにしても地獄。
ただ、自分を誤魔化す言い訳に長けた者たちだけが、
怖い人にはならず安穏と暮らすことができる。

戦場ではない場所で、
戦争の悲惨さを垣間見た少年。
純粋さを失わず、
しかし、人を撃つことも厭わない。
これから、あの少年は、
どのように生きてゆくのだろうか?

戦争は起こってはならない。
起こしてもいけない。
その意を強くした映画。




戦後、焼け残った居酒屋で暮らす、女。
女一人で生きるには厳しい現実。
体を売る以外に生きるすべはない。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2172 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  PERFECT DAYS  
2024.02.22.Thu / 12:41 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






毎日を完璧にこなす男。
しかし、それは単に毎日同じことを繰り返していては得られない日々。
与えられた仕事には最善を尽くす。
自身が心から愛する趣味を持つ。
他人を受け入れるが受け入れ過ぎない。
そして、争わない。無理強いもしない。
しかし、寄り添う気持ちは忘れない。
些細な出来事でも興味を持つ。
そこから新しい発見をする。

恐らくは長い時を経て完璧となった男の日常。
その日常に魅了される映画。



東京で公衆トイレ掃除の仕事をこなす平山。
規則正しく起床し、毎日の日課を実直にこなす男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2166 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ヒンターラント  
2023.12.21.Thu / 19:20 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。








この映画を未見の人は、映画を見てから下記を読んでください。
ネタバレ満載なので。
お願いします。


戦場においては、
正しい選択肢などは存在しない。
少しはましな選択を最善と信じて選ばなければならない。

戦争を経て、
変わってしまった祖国。
変わってしまった妻。
変わってしまった自分。
なんとか帰国できたとしても、
そこも、また、すでに異国。

戦争は終わったはずだった。
しかし帰還兵たちの戦争は終わってはいない。
後背地に居た住民たちにとっても、それは同様。
ただ、目を背けているだけ。
けれど、目を背けては生きてゆけない人々もいる。
復讐は何も生まない。
過去に捕らわれていても何も変わらない。
それでも忘れることなど、できはしない。

凄惨な復讐劇。
しかし、未来を歩み始めた男。
果たして彼は幸せだった過去を取り戻せるのか?
どうか、取り戻して欲しい。
そう願わずにはいられなかった映画。



第一次大戦終了後のウィーン。
二年間の捕虜生活から帰還できた、ペーター・ペルク。
戦争前は凄腕刑事であった男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2148 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ふたりのマエストロ  
2023.11.30.Thu / 20:06 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。








この映画を未見の人は、映画を見てから下記を読んでください。
ネタバレ満載なので。
お願いします。



指揮者として長いキャリアを持つ父親。
その父親を追い越すほどに活躍をしている息子。
親子でありながらライバルとも呼べる関係を持つ二人。

手違いで父親に届いた依頼。
それは長年夢に見ていた招へい。
しかし、それは息子宛のものだった。

全てを悟り息子の背を押す父親。
心を込めた手紙を父親に送る息子。
そして実現する幸せな演奏会。

ラストの展開は、かなり力技な印象を感じたが、
これもありなのだろう。
なにより皆が幸せそうなのが、とても良い。

父親と息子の和解した姿に嬉しくさせられた映画。


息子の元妻が現在のエージェントで、
息子の恋人とも普通に会話をする。
長年連れ添ってきた父親と母親が、
実は結婚していない。
そんな、フランスにありがちな人間関係も楽しめた映画。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2141 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.