タイトル は行 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
    
2017.08.10.Thu / 22:20 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






大切なものを失うこと。
それは多くの人にとっては、耐え難き哀しみ。

映画は、そんな哀しみに寄り添い、
気持ちを癒し、生きる力を与えてくれる。
だからこそ、
その制作に携わる人には想像力が必要だ。
相手の哀しみを理解できるほどの想像力が。

大切なものを失ってしまった男。
けれど、生きてゆく。
夢や希望も失ってしまった。
それでも生きてゆく。
自分の力で光を見つけて。

人の生きる力。
その輝きが神々しく感じられた映画。




映画の音声ガイドを職業としている、美佐子さん。
仕事に対しては、とても誠実な女性。
けれど、美佐子さんは、
音声ガイドという仕事に対して、
自分なりの立ち位置を確立できないでいる。
自分の主観を述べれば、それは押し付けになる。
けれど、情景だけを説明するのでは、
作品が言いたいことは伝わらない。
その狭間で悩む美佐子さん。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1512 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ハートブルー  
2017.08.10.Thu / 22:15 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






映画受けする題材を集め、
効果的に魅せてくれた映画。

死の危険を感じる時こそ、
生きていることを実感できる。
そんな刹那的な男の生き様が印象的な映画。


FBIの新人捜査官としてカリフォルニアに配属されたジョニー。
新人らしからぬ頭の切れと度胸を持つ青年。
彼の最初の仕事は、元大統領のお面を被った銀行強盗の捜査。
彼らがサーファーではないかと推理した相棒の意見に従い、
サーファーになって潜入捜査を開始しるジョニー。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1511 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  花とアリス殺人事件  
2017.07.20.Thu / 17:32 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






「花とアリス」の前日譚を、
アニメーションで描いた映画。
けれど、これは紛れもなく「花とアリス」。
少女の危うさ、そして無謀さ。
あり得ないような空想力。
それを信じてしまう想像力。
だから脆くて、しかし力強いのだろう。

引きこもりを解決し友人になった二人。
友人とは本当に良いものだ。

少女という不思議な生き物。
その不思議さが美しく見えた映画。



両親が離婚して引っ越してきた、アリス。
向こう見ずで大胆。そして、やんちゃで、おっちょこちょい。
母親を人前には出したくないくせに、
母親に似ている少女。
しかし、転校早々、奇妙な殺人事件に巻き込まれてしまう。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1506 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  フィツカラルド  
2017.07.13.Thu / 17:23 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






アマゾンの未開の山奥に、
オペラハウスを作りたい。
その為には、
船を山に登らせるのだ。

奇想天外な夢を実現させた男。
その微笑ましいほどの狂気。
呆気にとられるやら、
微笑ましいやら、
呆れるやら、、、

壮大すぎる夢を追いかけた男に、
呆気にとられた映画。




アマゾンにオペラハウスを作りたい。
そんな夢を持つ男、フィツカラルド。
思い込みが強くて夢想家。
しかし、憎めない男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1503 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  悲情城市  
2017.06.29.Thu / 21:26 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






日本が撤退し大陸から来た中国が台湾を治める。
その激動の時代に翻弄される台湾の人々。

征服者である日本から解放される喜び。
隣人である日本人との別離の悲しみ。
新しい時代への希望。
しかし、大陸から来た外省人たちの横暴。
日に日に募る不満。
その不満が最悪の形で暴発し悲劇を生む。

祖国の未来を憂いた人々。
純粋に隣人の心配をしただけの青年。
しかし、彼らは帰らぬ人となってしまう。

外国に翻弄された台湾の人々。
その哀しみが静かに、しかし重く心に圧し掛かってくる映画。



台湾北部で、船問屋と酒家を営む林一家。
親分肌の長男。
戦争に行き行方が分からない次男。
戦争から帰ってきた三男。
そして、耳が聞こえない四男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1500 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.