fc2ブログ
タイトル や行 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
  YUMENO ユメノ   
2023.12.28.Thu / 19:23 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






将来に夢が持てない。
両親に幻滅している。
だから衝動的に行動する。
殺してしまおうと考える。
刹那的に物事を解決しようとする。
そして、なぜこんなになってしまったのかと嘆く。
それは稚拙で愚かしい思考。

金の為に殺人を犯した青年。
親を嫌悪し家出した少女。
許せない大人は殺すと嘯く少年。
しかし、それで待っているのは身の破滅。

けれど、
ここではないどこかで、今ではない自分になる。
それは自分自身を大切にして生きるということ。
少女が見つけた答えが未来を明るいものに変えてゆくのだろう。
彼らの未来は深く闇に閉ざされている。
それでも、一筋の光が差し込んだように感じられた映画。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2149 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  湯道  
2023.08.17.Thu / 21:19 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。








どこかで観たような設定。
展開も予想通り。
しかし、湯道というか銭湯をテーマに選んだのが、とてもいい。
気持ちがとても暖かくさせられる。

お湯の温かさが伝わってくる映画。

様々な名優さんが登場する映画。
しかし、この映画を支えたのは、
橋本環奈さんのように感じられた。
橋本環奈さんから銭湯の温かさが伝わってくる。
そんな橋本環奈さんの演技も楽しめ映画。



老舗の銭湯、まるきん温泉。
そこに集う多くの人々。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2113 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  夜明け  
2023.05.11.Thu / 11:43 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






この映画を未見の人は、映画を見てから下記を読んでください。
ネタバレ満載なので。
お願いします。


偶然にも出会ってしまった青年と初老の男。

新しい人生を始めようとする訳アリの青年。
それには初老の男の情に頼るしかない。
しかし、徐々にその立場が逆転してゆく。
青年の存在は初老の男に欠くべからずものとなってゆく。

初老の男は、
最初は過去の失敗を償おうとしていたのだろう。
しかし、やっていることは同じこと。

青年は、
新しい人生を始めたつもりだった。
しかし、今までと何も変わらない。
求めていたものが手に入ったわけでもない。

この映画で描かれていた、有難いやさしさ、暖かな思いやり。
しかし、人間は、他人のことを思いやっているようで、
とても自己中心的な生き物なのかもしれない。
そんなことに寂しさを感じた映画。




故意ではない。
しかし憎しみで人の死を見過ごしてしまった青年、光。
実の息子と仲たがいしたまま、死別してしまった初老の男、涌井。
光の自殺を助け、ともに暮らすことになった二人。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2088 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ユリョン  
2023.03.16.Thu / 22:43 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






一体彼らは何を目指して行動を起こしたのか?

自らの存在意義を誇示するため。
日本に復讐をするため。
裏切られた祖国を返り討ちにするため。
自らが生き残るため。

恐らくはもっと良い方法があったのではないか?


存在を消され、
存在しないはずの潜水艦に押し込まれ、
外界との接触を断たれ、
精神的に病んでしまった結果なのか?

凄まじい緊迫感。
されど、彼らの行為にはついてはいけない。

無理矢理感を強く感じてしまった映画。




艦長の愚行を阻止するために射殺してしまった。
それは許されるべきことのようにも思えたが、
なぜか死刑宣告を受けてしまう男、イ・チャンソク。
海軍のエリートで父親も海軍軍人であった男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2071 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  夜を走る  
2022.09.08.Thu / 20:16 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






人生を変えたい。
図らずも事件を起こし、
人生を変えざるを得なかった二人の男たち。

それまでの人生には、
何も価値がないと思っていた。
何かをしているようで何もしていない。
そう感じていた。

自分は何も変わってはいない。
しかし人生が変わったことで、
見える景色が変わってゆく。そして、
自分が本当に欲していたものが見えてくる。
しかし、もうすでに手遅れ。
人生が変わる前に、それに気づき、
対処していれば、
手遅れには、ならなかったのかもしれない。
たとえ人生が変わったとしても。

それでも、
これからの人生を生きてゆかなければならない。
そんな二人の男が、
とても切なく感じられた映画。




スクラップ工場で働く二人の男。
気弱で何事も断れない、足立。
要領よく世の中を渡り歩く、谷口。
とても対照的な二人。

▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2020 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.