タイトル や行 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
  予告犯  
2017.03.02.Thu / 11:46 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






他人の痛みや辛さを想像できず、
無自覚にも他人の尊厳を奪う者たち。

心無い中傷。
無責任な発言。
悪意ある、いやがらせ。
人を人とも思わない扱い。

総ての人の努力が報われる社会は幸せな社会なのだろう。

最初は社会批判的な映画として描かれ、
後半は個人的な話へと収束してゆく。
しかし、これらは繋がっているのだろう。

最後には皆が夢を叶えた。
友達を幸せにすることもできた。
どんな小さなことでも、誰かのためになると思えば人は動く。
そんな気持ちを皆が理解し、実践すれば、
世の中は幸せにあふれるのだろう。

やるせなさと不思議な幸福感を感じる映画。



派遣としてIT会社で働く、奥田。
生真面目で努力家。
頭は良いのかもしれないが、世間知らずな青年。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1468 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2016.09.22.Thu / 15:08 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






相手を理解できると思っていた。
共感できると信じていた。
しかし、それは不可能だった。

世代間に存在するジェネレーション・ギャップ。
それには少し憂鬱にさせられるものの、
それでも、この映画の主人公には、
彼を理解し支えてくれる人がいる。
そんな光景に幸せにさせられた映画。



ドキュメンタリー映画の映画監督、ジョシュ。
作品がなかなか完成せず、行き詰っている男。

子供がいないのは良い事だ。
好きなことが好きなときにできる。
でも、好きな事をやってきたのか?
夫婦間でも、なんとなくではあるが、
行き詰まり感が見え隠れする。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1426 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2016.04.21.Thu / 21:14 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






恋に恋をしていた女性。
恋に対する憧れが邪魔をして、
本当の恋愛に、めぐり合えない。
しかし、青い鳥は、やはり直ぐ傍に居たのだろう。

奇妙で不思議に耳に残ってしまう日本の歌謡曲とダンス。
テンポ良く死んでゆく沢山の男たち。
創りこまれた壁紙や小道具。


おどろおどろしくも、とても愛らしい映画。



18年もの間、専属看護師として働く、リザ。
休暇も無く、自由も無い。
当然、男性との出会いも無い。
唯一の慰めは、彼女にしか見えない幽霊、トニー谷。
とても寂しい生活を送る女性。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1370 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  やさしい嘘と贈り物  
2016.03.24.Thu / 21:30 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






この映画を未見の人は、映画を見てから下記を読んでください。
ネタバレ満載なので。
お願いします。




とても美しい映画。

認知症で妻を忘れたはずの男が再び妻にときめく。
妻のかわらぬ愛情。
息子の献身的な優しさ。
娘の思いやり。

しかし、最後に感じるのは、老いることの残酷さ。
家族を忘れたことに苦しむ男。
苦しむが故に進んでしまう病気。
そして迎える哀れな結末。
将来の夢も、回復への希望もない。
絶望的な結末。

変わらぬ家族と夫婦の愛情の美しさ。
けれど、老いることの残酷さに打ちのめされる映画。



一人暮らしの老人、ロバート。
しかし、認知症で家族の存在を忘れてしまた男。

ロバートの妻であるメアリー。
夫を深く愛する女性。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1361 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  山桜  
2015.12.03.Thu / 22:26 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






貧しい農民を守る為に、
自らの身を厭わなかった侍。

その侍を一途に慕い、その無事を祈り続ける娘。
その娘を暖かな言葉で受け入れる侍の母親。

人の心の美しさ。自然の美しさ。
その美しさに清々しさを感じる映画。


ストーリーだけを要約すると、
とてもダイナミックな映画。
けれど、とても静かに感じられる映画。
台詞は少なくても、
役者さんたちの細かなしぐさの一つ一つや、
細やかな演出による様々なシーンが、
雄弁に映画を語っているからだろう。



前の夫とは死別し次の嫁ぎ先は金銭に卑しい一家。
結婚生活には恵まれていない武家の娘、野江。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1314 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.