ナンバー23   
2012.07.30.Mon / 14:44 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






23という数字に呪われた男。
しかし、彼を呪ったのは23ではなかった。

父親から受け継いだのかもしれない、彼の気質。
数字へのこだわり。

過去に犯してしまった罪。
それを忘れてしまったとしても、
今は家族を持つ責任ある立場であったとしても、
それは、その男に付きまとう。

最後には罪を償うことを選択した男。
守るべき家族が居たとしても刑務所に服役することを選択した。
いや、家族が居るからこそ果たさなければならない責任。
それ故に罪を償うことを選択したのだろう。
子供には責任ある生き方をして欲しいから。

ミステリーのようでホラーのようでいて、最後には教訓めいた映画になった。
それでも男が選択した家族のための行動が清清しい映画。


妖しい魅力と母性愛、相反する二つの魅力を見事に表現したバージニア・マドセン。
そんな彼女の魅力も印象的な映画。




動物管理局に勤めるウォルター。
愛する妻と息子とともに幸せな生活を営んできた男。
ウォルターが帰宅したら息子のガールフレンドがいた。
しかし、ガールフレンドが隠れる時間稼ぎをしたウォルター。
そのシーンからは、ウォルターの息子に対する愛情と良き信頼を感じさせてくれる。

誕生日に、偶然が重なって得た古本。
そこに書かれていた、自分と良く似た男の物語。
次第に23に取り付かれてゆくウォルター。

23にまつわる呪いは、無理やりなこじつけのように感じられた。
けれど、この映画は、それを最後にはどのように魅せるのか、
不安半分、期待半分で見ていると、
最初はミステリーであった映画が、ホラーのようになり、
最後には、ファミリードラマに変化してゆく。
この展開には唖然とした。


23の呪い。残念ながら、これはやはりウォルターの思い込みであった。
けれど、その思い込みを作ったのは、
数字を扱う職業を持った父親からの遺伝。
そして、ウォルターがこの本に取り付かれたのは、過去に犯した罪故に。

忘れたとしても、生活を変えたとしても、それらは追ってくる。
偶然に手に入れたはずであった本なのに、
それは必然であったように思えてくる。


愛する妻は息子のことを考えるように懇願した。
殺人を犯した男は過去の男。今のあなたは人を殺すことなどできない男。
そして、優しい夫であり、立派な父親。

罪の意識からか、罪を犯した自身に対する絶望からか、
一度は死のうと思ったウォルター。
けれど、それを助けたのは息子の存在。
だから、罪を償うことを選択した。
それは、彼にとっての再出発であり、
息子や妻に真に胸を張ることのできる生き方なのだろう。

そして、未来は運命として決まるようでいて、しかし、
各自の選択で決まるのだ。

ミステリーのようでホラーのようでいて、最後には教訓めいた映画になった。
それでも男が選択した家族のための行動が清清しい映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1009 / タイトル な行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

23の呪いのような恐怖を醸し出しながらも、
こじつけじゃないか?と少々呆れて観ていました。(^^;
すると、呪いの話じゃありませんでしたね。
自分の過去に犯した罪と向き合う事になろうとは。

家族の愛情のおかげで、そして家族のために、
正しい選択が出来、後味の良い結末になってましたね。

2012.08.01.Wed / 16:24 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

23の呪いは、こじつけ感ありありでしたが、
どんなオチになるのか、期待半分不安半分で見ていると、
最後には、唖然とする展開になってしまいました。
こういうオチも大どんでん返しって言うんでしょうか?

それでも、映画で描かれている家族が素敵で、
それ故に、あのような展開にも、清々しささえ、
感じてしまう映画でした。

それじゃ、また。

2012.08.02.Thu / 23:34 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
暗くおどろおどろしい映像と、 ジム・キャリーのいっちゃった目が見ものです。 狂気に満ちた内容になっていますが、 かなり強引です。 監督:ジョエル・シューマカー 製作:2007年 アメリカ ...
2012.08.01.Wed .No526 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.