マイティ・ソー  
2012.09.20.Thu / 11:14 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






弟との確執。
王が持たなければならない資質。
そして乗り越え無ければならない父親という存在。

ケネス・プラナーが監督したためなのか、
アメコミのヒーロー映画とは雰囲気が違う映画。
そして、主人公の真っ直ぐさがとても気持ち良い映画。

脇を固める俳優も何気に豪華。
久しぶりに見たレネ・ルッソの衰えない美しさ。
王を演じたアンソニー・ホプキンスの存在感。
ヒロインを演じたナタリー・ポートマンが本当に楽しそう。
そんな彼らの登場も楽しめる映画。



アスガルドの王位継承者、ソー。
強大な力を持ち、それ故に敵を倒すことに固執する男。
しかし力自慢の粗野な男ではない。
弟や両親を愛し、仲間を大切にする。
無茶苦茶な行動をする男ではあるが、憎む気になれない男。
目には目を。侵略には侵略を。
だが、それは父親の理想とする道ではない。
そして王道でもない。
それが分らない故に、王に追放されてしまう、ソー。

それまでは強大な力を持ち、自信に溢れていた。
けれど、全てを失った。
弟に騙され、国にはもう帰れない、そして父親も死んでしまったと信じてしまった。
大きな絶望を味わい失意の中にいるソーが、
しかし、なぜか不思議に微笑ましく見える。
彼は根は善良で、とても真面目な男。
だからこそ、他人よりは遥かに深く絶望し、しかし、より良くなって帰って来る。
彼の姿から、そんなことが分るからだ。

そして、最後には王の理想を守る為、
地球には帰れなくなってしまうことを選択したソー。
最後には再会するのではなく、
ジェーンがソーを捜している、といのも良い。
希望を諦めずに求め続けるというのが、この映画に似合っている。

主人公の真っ直ぐさがとても気持ち良い映画。

* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1025 / タイトル ま行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こちらにも。

ソーのキャラがとても良かったです~☆
根が善良で真面目っていうのも好感持てるし、
高貴で紳士的っていうのもこれまたすっごい魅力。
アメコミヒーローの中でも、けっこう気に入りましたよ\(^▽^)/

神と地球一般人との間のギャップによる
コミカルなやりとりも楽しめました!

2012.09.21.Fri / 17:23 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

そーでしたね。ってシャレじゃありませんが、、、
熱血漢でもなければ、どこかひねくれている訳でもない。
最初は力自慢の主人公かとおもっていたら、
仲間を大切にする、どこか憎めない男で、
かなり親近感を感じました。

カルチャーギャップの所はもっとやっても良かったかも?

それじゃ、また。

2012.09.22.Sat / 21:09 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
ソーに魅せられた~♪ 内容は分かり易いヒーローものだけど、 神の世界が絡む事で、かなり面白くなってます! 浅野忠信さんも出演☆ THOR 監督:ケネス・ブラナー 製作:20
2012.09.21.Fri .No533 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.