シングルマン  
2012.11.29.Thu / 23:32 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






最愛の人に死なれて、
生きる意味を失ってしまった男。

彼が死を決意した、その日。
普段と同じ一日のようでいて、
しかし普段とは違った一日。

最愛の人が世界の全てであると思っていた。
けれど、実は違っていたのだ。
そのことに気付いたはずなのに、迎えてしまう死の運命。

もしかしたら、
彼は世界が最愛の人だけではないことに気付けたからこそ、
あの世界から迎えが来たのかもしれない。

最愛の人が居なくなってしまっても人生は動いている。
最愛の人を失い迷宮に迷っていた男の再生。
ラストに見せた、彼のすっきりとした表情が印象的な映画。




大学教授のジョージ。
最愛の人を失い生きる意味を失ってしまった男。
死ぬことを決意した、その日。
普段と同じ一日の様でいて、普段とは違う一日。
今まで言えなかった、様々なこと。
家政婦への感謝の気持ち。
事務の女性への、その美しさへの賛辞の言葉。
そして、この世界がマイノリティへの恐怖で成り立っていること。

彼が抱えている秘密によって、彼はマイノリティの悲哀を強く感じている。
世界から孤立しているが故の孤独と悲しみ。
だから、この喪失の悲しみも、誰にも理解できないと感じていた。
けれど、彼の死の決意に薄々感づいた人々はいたのだ。

学生のケニーは、多分、チャーリーと同じ嗜好を持っていたのだろう。
だから、ジョージのことが気になる。
そして観察する。いつもとは違う振る舞いが気になる。

酒屋の前で出会ったスペインの青年。
彼もまた、ジョージの嗜好を見抜き、そして、ジョージの喪失をも見抜く。
傍にいて、ジョージを助けることが出来るのでは、と考えてしまう。

けれど、彼らの気持ちを拒絶するジョージ。


ジョージの昔の恋人、チャーリー。
叶わなかった昔の恋を未だに引きずっている女性。
ジョージがゲイでなかったのなら、
ジョージとともに幸せな結婚をおくっていたか、それとも、
別れた事から立ち直り新しい生活をしていたことだろう。
けれど、納得できない別れでは、気持ちの整理もつかない。
最愛の人が死んだのならば自分になびいてくれるかも知れない。
けれど、そんなことが絶対には起こらないことが分った、今日。
それは、とても哀しい真実。
近いようでいて遥かに離れている二人の距離。

死のうとして、しかし、ためらいが見える、ジョージ。
死にたいと考えてはいたが、心のどこかで、
まだ死ねないと考えていたるのだろう。

最後にケニーが見せてくれた、やさしさ。
その、やさしさがジョージに思慮深くなれる時間を与えてくれた。
まだ死ねない。世界は、最愛の人だけではない。
そんなことが分かったのだろう。
しかし、ジョージに訪れる死の運命。

死ぬということの結果は同じなのかもしれない。
けれど、最後にジョージが悟ったことが、彼の人生を救ってくれた。
もしかしたら、そんなことを悟りえたからこそ死ねたのかもしれない。

最愛の人が居なくなってしまっても人生は動いている。
最愛の人を失い迷宮に迷っていた男の再生。
ラストに見せた、彼のすっきりとした表情が印象的な映画。

* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1045 / タイトル さ行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
映像もステキでコリン・ファースもステキ。
この作品はとても気に入っています★

ラストの死がとても残念に思えました。
せっかく世界は最愛の人だけじゃない、
この先の人生にも意味があると分かったというのに。
そんな事を悟りえたからこその死ですか・・・
なるほどヤンさんの解釈で、なんとなく私も救われたかな。(^_^)

2012.12.04.Tue / 18:00 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

確かに残念な終わり方ですが、
死んだような人生が最後には救われた。
私には、その再生の輝きのほうが印象深かったです。

この先の人生にも意味があって、それを生きる。
という最後も良かったかもしれませんが、
ただ、この映画の雰囲気にそぐわない気もチョッとします。
って、ちょっと言いすぎでしょうか?

それじゃ、また

2012.12.05.Wed / 21:51 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
愛する者を失った人生に、意味はあるのか。 その答がある。 心にグッとくる、いい映画でした! A SINGLE MAN 監督:トム・フォード 製作:2009年 アメリカ 出演:*コリン・...
2012.12.04.Tue .No540 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.