FC2ブログ
  愛に迷った時  
2003.09.29.Mon / 22:17 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。

人生に勝つとは、なんだろう?
いっぱい、恥をかいて
いっぱい、ののしりあい
いっぱい、我を忘れて逆上し
いっぱい、傷つけあう
しかし、負けを勝ちに変える事ができたのなら
人生には勝てる


典型的な「ほのぼの恋愛コメディー」です。
日常に忙しく、周りに流されながら生きているヒロイン。
忙しすぎて、夫とはすれ違い、娘のことも忘れがちです。
それが、夫の浮気をきっかけに、自分に目覚め、
主体的に生きることを決意します。
この夫婦は、喧嘩中とはいえ、
お互いがお互いを想っている事がよく分かり、
最後には、仲直りの道を歩むことは容易に想像できます。
しかし、彼女のプライドが邪魔をして容易にことは運びません。
「私が傷ついた、、、」「私が惨めな思いをした、、」等々、
私のことしか考えていません。
しかし、最後には自分にも非があることを認めるのも
お約束の展開でしょう。

「負けを勝ちに変える」とは、劇中の台詞です。
ロバート・デュバルが競技会を、(多分故意に)負けて、
しかし、人生に勝てたことを示していますが、
ジュリア・ロバーツも非を認め、そこから出発することをも、
あわせて意味している気がします。


というわけで、「ほのぼの恋愛コメディー」なのですが、どうも、
「ジュリア・ロバーツ」「ほのぼの恋愛コメディー」「ハルストレム監督」
の相性がイマイチのせいか、個々には水準以上の仕事をしているのですが、
お互いがお互いの善さを消しあっているような気がしました。
そう言う意味では、中途半端な、残念な結果に終わってしまったような気がします。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.106 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.