わたしを離さないで  
2013.02.14.Thu / 20:48 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






他人の命の為に利用される存在。
自分は何者なのか。
提供という避ける事が出来ない死に向かって生き続ける命。
本物だと証明できる愛情を持ってしても猶予はあたえられない生の期限。
とても哀れで可哀想な存在。

しかし、彼らと我々とでは何が違うのか?
我々もまた死に向かって生きている。
本物の愛を持っていたとしても、死に猶予は与えられはしない。
様々な感情が邪魔をして、人生に遠回りをしたとしても、
無駄には出来ないはずの期限を私達も持っている。

そんな事が解っていても、
思うにまかせない、ままならない人生。
生を理解し命を大切にする事。
その大切さと困難さが心に残る映画。




寄宿学校ヘールシャムで学ぶ三人、トミー、ルース、そしてキャッシー。
とても大事に大切に育てられているようでいて、
彼らの存在意義は、他人に臓器を提供すること。

本当はトミーのことを愛しているキャッシー。
しかし、一人取り残される事を恐れたルースの嫉妬により、引き裂かれてしまう。
青春にはよくある事なのかもしれない。
しかし、命に限りがあることを十二分に認識していれば、
それは、きっと無駄な遠回りのはずなのだ。
それでも人は、そんなには賢くにはなれない。
限りがある生のはずなのに、無駄な遠回りをしてしまう。
死の直前に後悔しても、それは遅いのだろう。


自分たちのアイデンティティーを必死に探したクローンたち。
自分のオリジナルは一体どんな人?
それは、紛れも無く自分探しの旅。
しかし容易に答えは見つからない。

彼らは、なぜ自分たちの運命に逆らわないのか?
それには様々な理由が考えられる。
洗脳されているとか、腕輪でモニターされているとか、
一人で外の世界を生きる術を持たないとか、、、
そして、自身に与えられた役割、存在意義を立派にやり遂げることが、
自分自身を確立する為に必要なことだと考えているのかもしれない。
それは、とても哀しい生。
しかし、一方で、この問いかけは無意味であるようにも思える。
なぜなら、死は誰にとっても逆らうことができない運命なのだから。


最後には、猶予のチャンスを遺して死んでいったルース。
遠回りはしたのかもしれない。
死の直前は孤独で寂しく、そして自身の生き方を後悔したのかもしれない。
それでも、最後にルースが行った行為が、
彼女の死における精神的な苦しみを和らげたことだろう。
ルースは、間に合ったのだ。

本人達は、証明できると信じている愛を持っていたトミーとキャッシー。
しかし、運命は残酷。どんなに深くて純粋な愛情を持っていても、
死に猶予は与えられない。
それは我々にも同じなのだ。
それでもトミーの最後の顔は幸せそうで満足げだ。
彼女たちもまた、間に合ったのだろう。



「皆、終了する。生を理解することなく。命は尽きるのだ。」
限りある命。
だからこそ、生きることを理解して有意義に使うことは大切なことだ。
けれど、それは、とても難しい。
多分、殆どの人間は後悔を胸に死んで逝くのだろう。
自分が何者か判らないうちに。
生を理解することなく、それがとても貴重な時間であるといことにも気づかずに。
けれど、たとえ愚かしくとも懸命に生きれば間に合うことはできるのかもしれない。
生を理解し命を大切にする事。
その大切さと困難さが心に残る映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1064 / タイトル わ行 /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

主人公達の過酷な状況がとても気の毒に思えたんですけど、
人生の長さが違うだけで、限りある命という点では
ヤンさんが書いているように、どの人も同じなんですね・・・
自分はまだ先があると思っていてもそうではないかもしれない。

主人公達から、生をかみしめて懸命に生き抜く事の大切さが、
ジワ~ッと伝わってきましたね。
あのように感情を抑えて状況を受け入れる姿に、
胸がかきむしられるような気持になりました。

2013.02.18.Mon / 17:04 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

映画全体からは、彼らの非情な状況が描写されるんだけれど、
最後の台詞で、この映画が私たちの物語でもある、
ということが示されたのかと感じました。

限りある命の大切さ。
それを実感できるのは命の期限がわかった時。
けれど、普通の人生では、なかなか、そんな場面はやってこないし、
やってきた時には、すでに手遅れ、なんでしょうね。
手遅れにならないうちに、大切にしたいんだけど、、、
なかなかに難しいです。

それじゃ、また。

2013.02.18.Mon / 22:10 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.