2013.04.25.Thu / 21:45 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






一人で生きていくのは寂しい。
でも、結局のところ、
人は一人で生きていかなければならない。

何かを選ぶと何かを失い、
後悔にも似た感傷に襲われる。
でも、選らばなければ人生は進まない。

遠い将来を考えてしまうと途方にくれる。
でも、将来からは逃げられない。

けれど、一人ぼっちに思えても実は一人じゃない。
何かを失っても、それは自分らしい選択。
遠い将来は近い未来につながっている。

三人の仲が良い女性。
それぞれの幸せを目指すものの、
時に迷い、不安になり、焦る。
けれど、大丈夫。
日々を、自分らしく、生きていさえすれば。
彼女たちに、思わずほっこりとさせられた映画。




以前に比べれば、遥かに多くなった人生の選択肢。
けれど、特に女性には、周りの目は厳しくて冷たい。
多分傷つけようと思ったわけではないのだろう。けれど、
配慮の無い、以前の価値観に基づいた心無い言葉が、
多くの女性をイラつかせる。
それでも言いたい事を言えないで堪えるしかない。
カフェで働く、すーちゃん。
仕事というよりは料理が大好きな女性。
男性には奥手、中田さんに振られたこともあって、
男性よりは仕事を選んだ、すーちゃん。


営業職で働く、まいちゃん。
きついノルマ。上司にはいいように使われて部下はマイペース。
総て勘張り過ぎて、我慢しようとし、ストレスは限界。
だから、違う人生の選択をする、まいちゃん。


自宅でIT関連のデザインの仕事をしながら、祖母を介護する、さわ子さん。
祖母はすでに、さわ子さんの事がわからない。
けれど、祖母を大切にするさわ子さん。
決して犠牲になっているとは考えてはいない。
そして、嫌な事は嫌だと拒否し、自身の生き方を決めてゆく。


三人は昔、同じアルバイトをしていたらしい。
そして、今でもとても仲が良い。
お互いの生き方に深く干渉しないし、悩みを相談したりはしない。
けれど、お互いをよく理解し、
お互いの痛みに寄り添うように共感している。
お互いの存在が生きる励みになっている。


一人で生きるのは寂しい。
自身の選択でも、何かを選べば何かを失い、感傷に襲われる。
そして、遠い将来を考えると途方にくれる。

けれど、大丈夫。
彼女たちは彼女たちらしい選択をし、生き方をして、
彼女たちの幸せを得るだろう。
自分らしい生き方をするのは大変だ。けれど、
さわ子さんの祖母に挨拶をしたすーちゃんとまいちゃん。
そんな彼女たちならば自分たちらしさを失わないだろう。

遠い将来に何が起こるかわからない。
けれど、そんな遠い将来を考えても仕方ない。
今、目の前にある、ささやかな幸せに喜び感謝する。
そんな生き方が、素敵に思えてくる。

時に迷い、不安になり、焦る。
けれど、大丈夫。
日々を、自分らしく、生きていさえすれば。
彼女たちに、思わずほっこりとさせられた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1084 / タイトル さ行 /  comments(3)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from 紀平 光太 -

Heaven of the Cinema 管理人様

はじめまして。紀平と申します。

私は現在「映画ベース」という映画のレビューサイトを開発しており、
是非映画に関心のある方からレビューの投稿や、
サイトをご利用頂いてのご意見やご感想などを頂ければと思っております。

「映画ベース」
http://kota.lolipop.jp/eigabase/


まだまだ立ち上げたばかりの未熟なサイトですが、
一度サイトにお越し頂き、
ご利用をご検討頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

//----------
// 映画ベース
// http://kota.lolipop.jp/eigabase/
//
// 紀平 光太
// kihira@kota.lolipop.jp
//----------

2013.04.27.Sat / 14:01 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Hiro -

未来に備える事は大切だけれども、その未来も現在の積み重ねの先にあるもの
なので、今を犠牲にした未来なんてナンセンスという事かな。

2013.05.21.Tue / 23:41 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

Hiroさん、lこんばんわ。

そうですね。、
意味無く未来に不安を抱くよりは、
今を堅実に自分らしく生きることが、
実は未来への幸せの近道なのでしょうね。

それじゃ、また。

2013.05.22.Wed / 22:01 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
10年来の友人である三人の30代女性 仕事・恋・人生 etc それぞれの生き方を 本音でつぶやく... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:益田ミリの4コマ漫画
2013.05.20.Mon .No558 / cinema-days 映画な日々 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.