ヒューゴの不思議な発明  
2013.06.06.Thu / 17:49 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






映画の創世記に、その可能性を求めた先駆者に対する尊敬。
3Dで再現された数々の偉大な作品の名場面。
そんな映画愛に溢れた映画。

しかし、それ以上に私が感じたこと。
人は如何にして孤独から脱出することが出来るのか?
世界が自分に与えた役割を見つけ出すこと。
人の役に立つこと、そして感謝されること。
その機会を逃さないこと。

世界との絆を取り戻すことができた少年と老人。
孤独を脱することができた時の幸福感。
その幸福感が印象に残る映画。




父親に死なれ学校には行けなくなってしまった、ヒューゴ。
それまでは、とても幸せな生活を送っていたはずだった。
しかし、父親に死なれて、孤独な生活を余儀なくされてしまった少年。
映画に対する情熱に取り付かれていた、ジョルジュ。
しかし戦争という悲劇が人々の目を塞ぎ、
世の中に見捨てられ、情熱を捨てて、
孤独な生活を余儀なくされてしまった老人。


「機械と世界は似ている。どんな部品も役に立っている。
 人だって同じ。いなくていい人なんていないはずなんだ。」
人を世界の部品と見なすのは、もしかしたら危険な思想なのかもしれない。
けれど、天涯孤独となってしまったヒューゴにとっては切実な思いなのだろう。
自分は孤独ではない、必要とされている人間なんだ。
そんな思いが、今の彼を支えているのだろう。

機械人形を直し、そのメッセージを受け取ること。
そこに論理的な価値は見出せない。
けれど、それはきっと父親が遺したメッセージのはずだ。
それは、ヒューゴの思い込みなんだろう。
けれど、ヒューゴは、そんな思い込みを支えに孤独に耐えてきたのだろう。

そして受け取るメッセージ。それが示す思わぬ展開。


すべてを失ってしまったと嘆いていた、ジョルジョ。
しかし、全てを失ったわけではない。
未だに彼の業績を尊敬する人々。そして遺されたフィルム。
ジョルジョに再びめぐり合う事を待っている機械人形。
ジョルジョと世界の関係を直すこと。それは即ち、
ヒューゴとジョルジョの関係を修復すること。

「ぼくが役目を果たせるのは、今しかない。」
と叫ぶヒューゴの姿に胸が打たれる。
彼はまさに、この時をずっと待っていたのだ。
そして、「分るとも。よく分る。」
と認めるジョルジョの台詞にも嬉しくさせられる。
ジョルジョもやはり、この出会いを長い間、待っていたのだ。


不自由な足のために、世界と距離を置き、
周りには優しくはなかった、鉄道公安官。
彼も、ヒューゴの叫びに心を打たれ、
新しい生き方を始めたようにも感じられる。


世界との繋がりを求めて、孤独を絶えてきた少年と老人。
しかし、孤独を脱することができた二人。
それは本当に幸福なシーン。
その幸福感が印象に残る映画。

* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1097 / タイトル は行 /  comments(2)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
ジョルジュの映画の作り方や古い作品がとても面白かったです。
3D効果はなかなかのものでしたよ。

誰にでも与えられた役割があるのでしょうね。
ヒューゴにしてもジョルジュにしても
役割を見つけ、それを果たせた事が良かったです。
それによって孤独から抜け出せたし。

駅の構内の面々もハッピーエンドで、
観終わった時、こちらも幸せ気分でしたね!

2013.06.10.Mon / 17:37 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

私はDVDだったんで3Dで見れませんでした。
きっと、3Dだと凄いんだろうな、というのは良く分かりました。

二人とも孤独に耐えて長い間、この時を待っていたんでしょうね。
お互いがお互いを分かり合えた瞬間が、
とても美しく感じました。

それじゃ、また。


2013.06.13.Thu / 07:28 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
3Dの質がとても良かった! スコセッシ監督の映画に対する温かい愛情でいっぱい。 昔も今も、映画は人を楽しませるために作られている。 2011年度アカデミー賞作品賞ノミネー
2013.06.10.Mon .No560 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△
スコセッシがファンタジー?それも3D?なんで?と初めて予告を観たときはたいそう驚
2013.06.23.Sun .No563 / はらやんの映画徒然草 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.