愛のむきだし  
2013.07.11.Thu / 18:31 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






やっと見つけたマリア様を目指して疾走する青年。
けれど、彼の前に立ちはだかる数々の障害。

男を憎みレズビアンに走る彼女。
変態という偏見、差別。
新興宗教と洗脳、一家丸ごとの拉致。
トラウマによって、それを壊そうとする女。

真っ直ぐに彼女に走っても届かない自分の想い。
そんな失意の中で壊れてしまった青年。
けれど、実は青年の思いは、
いつしか、彼女に届いていたのだろう。

何事にも捕らわれず純粋に愛を貫いた青年。
むきだしの愛の勝利を描いた映画。


予測不可能なストーリー展開。
刺激的な映像や思わず笑ってしまう場面、
暴発気味とも思える主演陣の頑張り。
それらが長さをまったく感じさせない。
妙に笑えて、しかしラストは嬉しくも感動させられる映画。
一気に鑑賞するには長すぎるのが、ちょっと残念な映画。



クリスチャンの家庭に育った青年、ユウ。
幼き頃に死んでしまった母親と、
自身のマリア様を見つけることを約束した青年。
純粋な者は壊れやすいのかもしれない。
けれど、純粋だから一途で強いのかもしれない。
父親は女に逃げられ人が変わってしまった。
けれど、ユウはマリア様を求めて罪を犯し、盗撮を重ねて突っ走る。
そして巡り会った運命の人、ヨーコ。
しかし、様々な障害がユウの恋愛の邪魔をする。

男は大嫌い、家庭も大嫌い。だからユウも嫌われる。
そして、ヨーコは同一人物であるにもかかわらず、サソリに魅かれて行く。

ユウの生活に進入してきた女、コイケ。
過去のトラウマから男の勃起を否定してきた女性。
教団のためにユウの家庭を壊す、というよりは、
きっと、ユウを否定したいがために、
ユウの邪魔をしているように感じられる。
彼女にとって男の勃起は敵なのだろう。



様々な障害にも負けず一途に自分の恋愛を貫くユウ。
しかし、それは純粋すぎる故に、あまりに無防備。
だから、謀略を巡らすコイケに勝てるわけも無い。
しかし、それでも諦めないユウ。
純粋故に手段は選ばない、選んではいられない。
教団ビルに乗り込み爆破までしてヨーコを助けようとしたユウ。
どんな手を使っても自分の想いを貫こうとしたのだろう。
その一途さで、最後にはコイケに勝つことが出来たのだろう。


普通の生活に戻り、
正気を取り戻すとユウの気持ちがよく分るようになったヨーコ。
このあたりの展開は唐突感というか、ご都合主義的にも感じてしまう。
しかし、ユウの想いが通じた、ということなのだろう。


壊れてしまったユウ。
しかし、ヨーコの必死の言葉に遂に我を取り戻す。
コイケの謀略にユウの勃起は勝ったのだ。


希望、信仰、愛が大切、その中でもっとも尊いのは愛。
ユウは変態で犯罪者。けれど愛があるからこそ、
最後には救われたのだろう。

何事にも捕らわれず純粋に愛を貫いた青年。
むきだしの愛の勝利を描いた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1105 / タイトル あ行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
これまさか飛行機の中で上映してないですよね(≧ε≦)

登場する人が変態ばっかりの、
過激で独創的な珍映画でしたね。
だけど、笑えて楽しかったし、パワーを感じる事が出来ました。
俳優も監督も勢いがありましたね!
特に安藤サクラさん、妙に不気味で気に入りました(^▽^;)
むきだしの愛がテーマだったから、後味も良かったです。

2013.07.16.Tue / 17:57 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

さすがに、それはありませんが、
けれど長旅が退屈しなくても済むかもしれませんね。

不思議なパワーに溢れた映画でした。
なんか、駆け抜けた、って言葉が良く似合うような、
勢いのある映画でしたね。
ラストも大団円だったし。

安藤サクラさんは、(多分)始めて映画で見ましたが、
不思議な雰囲気で得体が知れませんでした。
確かに不気味でしたね。

それじゃ、また。

2013.07.16.Tue / 22:05 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
楽しい~明るい変態!(≧▽≦)ノ☆ タブー視されるような過激ネタをパワフルにあっけらかんと描いています。 LOVE EXPOSURE 監督:園子温 製作:2008年 日本 出演:*西島隆
2013.07.16.Tue .No572 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.