リアル・スティール  
2013.10.03.Thu / 21:56 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






似たような気質を持つ親子が絆を取り戻す。
ロボットに奪われた誇りをボクサーが取り戻す。
スクラップになりかけたロボットが栄光を取り戻す。

定番的なストーリーで予想通りの展開。
けれど、面白い。熱い、そして思わず感動してしまう。

果敢に挑戦した結果、
最後には様々なものを取り戻すことが出来た親子と、その相棒。
その晴れやかな姿が、うれしく感じられる映画。






かつてはボクサーとしてチャンピオンとも戦った経験を持つ男、チャーリー。
しかし、戦いの場はロボットに奪われ、借金を抱え、
かろうじてロボット・ボクシングで、その日暮らしを送る男。

チャーリーの息子なのに、幼き頃に捨てられた少年、マックス。
だから、マックスはチャーリーに複雑な想いを抱えている。
自分をお金で売った最低の男。
しかし、チャンピオンとも戦った経験のある憧れのボクサー。
マックスがロボット・ボクシングに強く興味を惹かれるのは、
父親の存在とも無関係ではないように感じられる。
マックスを売ったお金で購入した新しいロボット、ノイジー・ボーイ。
いきなり強敵と戦い惨敗。
しかし、スクラップ置き場から新しいロボット、アトムを得る。


ノイジー・ボーイの初戦では強気なチャーリー、逆に慎重なマックス。
しかし、アトムの初戦では立場が逆になる。
離れて暮らしてきたが、やはり親子であれば気質は似るのだろう。
それが微笑ましい。


勝利を重ねるアトム。
戦い勝利を重ねるほどに深まる親子の絆。
親子が同じ目的に向かって進むことの素晴らしさを感じる。


一旦は離れ離れになってしまったマックスとチャーリー。
チャーリーが、まだ幼かったマックスを捨てたのは、
人生が不安だったからであろう。
安定しないボクサー生活、そして、
ロボットに活躍の場を譲らなければならない状況。
それらがチャーリーを不安にさせたのだろう。
しかし、もう逃げることはできないし、逃げられない。
なぜなら、マックスという少年を知ってしまったから。

本音でマックスに語りかけるチャーリー。
母親のこと、試合のこと。
本音で謝り、本音で誓う。
それらが親子の絆をさらに深くしてゆく。


やはり最強の強敵であった、ゼウス。
何度も絶体絶命の危機を向かえ、
心が折れそうになりながらも、あきらめない。
音声で命令を送れなくなったが、しかし、
シャドー機能で戦いを続ける、二人。

今までは様々なことから逃げてきたチャーリー。
しかし、今度は逃げない。
なぜなら息子の頼みだから。
戦い抜けるかどうかも分からない。しかし強敵に挑んでゆく。

果敢に挑む心が、チャーリーをボクサーとして、
復活させたのだろう。
それを本当に嬉しそうに見つめるマックスと、チャーリーの恋人。
勝ち負けはまだ分からない、けれど、
このシーンには、とても幸せな気分にさせられる。

善戦空しく負けてしまったチャーリー。
しかし、果敢に挑戦し様々なものを取り戻すことが出来た彼らは、
人生の勝利者となったのだろう。
その晴れやかな姿が、うれしく感じられる映画。





余談ですが、、、
最後のチャーリーとマックスの会話。
それは彼らの絆が言葉を交わさなくとも思いが伝わるほどに、
深まったと言うことであり、もはや、
二人の間には、なんの障害もわだかまりもない、ということを
示しているように感じた。
けれど、気になるのは、秘密とはいったい何か、ということ。
明示的には示されていないが、多分、次のうちのいずれかであり、
なんとなく1のように思える。
1.息子を10万ドルで売ろうとしたこと。
 それは今のチャーリーにはとても恥ずかしいことだから。
2.実は、アトムには言葉が通じること。
 同じ台詞をマックスがアトムに言ったシーンがあったはず。
3.実は二人は親子ではない。
 マックスの年齢をチャーリーが何度も間違えるシーンがあったから。

考えてみると、3はちょっと、嫌に感じる。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1130 / タイトル ら行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

余談の所を読んで・・・
もう~ヤンさんも私と同じような事を考えてる~~(≧▽≦)ノ☆
「秘密は守るよ」なんて字幕が出て、秘密って何?と思いました!
吹替えにしたら「言わなくても分かるよ」だったので、
『おまえを愛している』『言わなくても分かるよ』と言うやりとりだったと、
私はそれで納得する事にしました。(^^;

これも本当に定番な作りなんだけれども、
感動できる要素がたくさんありましたね!
ロボットの試合には熱くなったし、
父と子のやりとりに、挫折からの再生も絡ませてるんで、
ウルウルきちゃいました!

2013.10.04.Fri / 18:24 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

なるほど、そのほうが綺麗ですよね。
字幕はなんで、秘密なんて単語使ったんでしょうか?
吹き替えのほうが良い感じですね。

ただ、今だに引っかかっているのが、
マックスの年齢をチャーリーが間違えるシーンが何度もあったんで、
何かの伏線なのかと、、、、

試合中に父を見つめる息子の眼差しが良かったです。
それだけでも感動的なんですが、
他にも、良い意味で、てんこ盛りの映画でしたね。

それじゃ、また。

2013.10.04.Fri / 22:10 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
スポーツの試合、親子の絆、挫折からの再生、控え目な恋など、 観る者を高揚させるものがてんこ盛り★ やっぱり私もこういうのに弱いのよね~ もう大満足! REAL STEEL 監督:ショーン・レヴィ  製作:2011年 アメリカ 出演:*ヒュー・ジャックマン *ダコタ・ゴヨ *エヴァンジェリン・リリー *アンソニー・マッキー *ケヴィン・デュランド 「リアル・ス...
2013.10.04.Fri .No594 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.