2013.12.30.Mon / 16:38 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






幸せは得難く、そして儚い。

幸せを得る為には勇気が必要だ。
失敗を恐れるあまり失敗を繰り返す。
そんな悪循環から抜け出すには、
勇気と自信が必要なのだろう。

しかし、幸せを得たからといって、
それが、いつまでも続くとは限らない。
そして、失うことを止めるのは難しい。
経済的な問題。治すことが出来ない病。
それらは自分の力ではどうにもしようがないこと。

誰もが幸せになりたい。
不幸せになる為に生きているわけではない。
しかし、ままならない人生。

幸せを得たということは、同時に、
幸せを失うであろうという不幸と苦しみを得たことになるのだろうか。
それでも、人生に一瞬でも至福の時があれば、
その人は幸せな人生なのかもしれない。

幸せの儚さが暗く重く、だからこそ、
幸せだった瞬間が尊く感じられる映画。





遺産で働かなくても生活できる、コラン。
自由な発想を持ち、友人を大切にする、とても子供っぽい男。

コランが恋した女性、クロエ。
快活で可愛らしい、ユーモア溢れる女性。
クロエの前では自由に振舞えないコラン。
なぜなら失敗を恐れてているから。
失敗を恐れるあまり、慎重になりすぎて、萎縮し、
逆に失敗してしまう。
そんな悪循環故に自由に振舞えない。

明日が、この瞬間が自分の人生のすべてを決める。
そんな悲壮な決意で望んだデート。
けれど、そんなコロンの背をクロエがそっと押す。
二人でいれば何度でもやり直せる、失敗は取り返せる、と。


とても幸せそうな二人。
けれど、不治の病にかかってしまうクロエ。
幸せな時に、人は自分が不幸になるなんて想像できない。
しかし、不幸は簡単にやって来る。

愛する人を失ってしまう。
この大きな喪失の前に、あまりに無力な人間。
今まで仕事をしてこなかった、だから思うように職に就けないコラン。
だからコランの苦悩、苛立ち、絶望が、よく分る。
自身のふがいなさ、無力さ、なさけなさ。
しかし、たとえコランが仕事をしてきていたとしても、
財産管理をキチンとしていたとしても、
結局の所、喪失は食い止められはしないのだ。
時として、人は大きな喪失の前に、あまりに無力。
失うことを止めることはできない。


人は不幸になる為に生まれてきたわけではない。
不幸になる為に生きているわけでもない。
けれど、ままならない人生。
なぜ、こうなってしまうのか。
それは、コランの友人のシックも同様だ。


最後に映し出される、二人が幸せだった日々。
幸せを得たということは、同時に、
幸せを失うであろうという不幸と苦しみを得たことになるのだろう。
それでも、人生に一瞬でも至福の時があれば、
その人は幸せな人生なのかもしれない。

幸せの儚さが暗く重く、だからこそ、
幸せだった瞬間が尊く感じられる映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1150 / タイトル ま行 /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、遅ればせながら、
明けましておめでとうございます。

この映画、なんだかドキッとさせられるワードがいっぱいです。
経済的な問題や治すことが出来ない病とか。(^^;
ままならない人生ですよ、ほんと。
でも幸せを失うであろうと不安がるのは勿体無いですよね。
って、映画の話じゃなくなっちゃった。(^▽^;)

今年はまたゆっくりペースになると思いますが、
よろしくお願いします。

2014.01.07.Tue / 18:06 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

この映画は、
監督がエターナル・サンシャインのミシェル・ゴンドリーさん
主演がアメリのオドレイ・トトゥさんで、
結構ホンワカしたムードを期待して見たのですが、
ご想像どおり、シビアな話な映画でした。
前半は本当にホンワカしたムードだったんですけどね。

それじゃ、また。

2014.01.08.Wed / 21:30 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.