きっと、うまくいく  
2014.01.10.Fri / 22:02 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






優秀な成績。
安定した職業。
莫大な収入。
それらは社会で勝ち組に入る為に必要なこと。
だから幸せになる為に必ず手に入れなければならないこと。
けれど、本当にそうなのか?

そんなものが手に入らなくても幸せになれるのではないか。
そして、もっと大切にしなければならないものが、
自分たちの人生においては、他にも存在するはずなのだ。

競争社会や教育の問題を取り上げた映画かもしれない。
けれど、私にとっては、
人生の宝物が沢山詰まった映画。




幸せな結婚をして幸せな生活を送る。
その為には、収入が良い大企業に就職する必要がある。
その為には、有名な大学に入り優秀な成績を収めなければならない。
だからテストで良い点を取る為に必死で勉強する必要がある。
逆に勉強を怠け教師に逆らい、成績が悪ければ幸せには成れない。
そんな理屈で生徒を脅迫し、自らの意図通りに行動させようとする大学。
けれど、そんな脅迫に屈しない生徒、ランチョー。
人を勤勉にさせるには恐怖や脅迫は有効な手段のように見える。
しかし、そんな手段は、人をロボットや機械にしてしまう。

学ぶことが好きだから勉強をする、そうであれば成績は自然と上がる。
成績を上げる為の勉強は本末転倒なのだろう。


人生には他に大切にしなければならないことが沢山あるはずだ。
そして、それを大切にして生きることが出来れば、
自然と幸せになれるのだろう。
幸せになる為に勉強に縛られた不幸な大学生活を送るというのも、
本末転倒なのかもしれない。



学校に睨まれても友人を大切にする。
卒業が危うくても夢を諦めない。
試験勉強よりは入院中の父親に付き添う。

就職試験に落ちても自分の信条を貫く。
金持ちには成れなくてもカメラマンになる。

きっと、うまくいく、と信じながら。

友が回復する事を信じてホラを吹きまくるランチョー。
友を逝かせはしない、決して諦めない、そんな態度が、
最後には奇跡を呼ぶ。
ラージューは決してランチューのホラ話を信じたから、
蘇ったのではないのだろう。
ランチューのなりふり構わない必死な態度を見て、
蘇ることができたのだろう。


きっとうまくいく、という安心感と自信が人生を開いていく。
それは、恐怖や脅迫による教育よりはずっと良い。

意識せずに生活していれば見過ごしがちな大切なこと。
そんな人生の宝物が沢山詰まった映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1151 / タイトル か行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
人生で何を大切にしなければいけないか、
それが分かっていながら競争社会にまみれていくのは、
インドも日本も同じ状況なんですね。

周囲に流される事なく自分の自信と信条で、
パワフルに生きていくランチョーが
とても魅力的で、好きになりました!

3時間は長かったけど、歌も良くて
中身もしっかり詰まっていて、すごく楽しめました☆

2014.02.19.Wed / 18:20 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

ランチョー、良かったですね。
何事にもブレることなく、自分の生き方を貫いた、
とても型破りだけど魅力的な男でした。

そうそう、三時間だったのでちょっと敬遠してましたが、
あまりに評判が良いのと、冬休みを上手く利用して、
見ることが出来ました。
長かったけど、良かったですね。

それじゃ、また。

2014.02.20.Thu / 21:24 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
「Aal Izz Well」=きっとうまくいく 自分のなりたいものを見つけ、自分の人生を生きる。 笑って泣いて、歌って踊って・・・感動する! 3 IDIOTS 監督:ラージクマール・ヒラニ 製作:2009年 インド 上映時間:170分 出演:*アーミル・カーン *カリーナ・カプール  *R・マドハヴァン *シャルマン・ジョシ 3バカに乾杯! 男3人(3...
2014.02.19.Wed .No605 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.