2003.11.09.Sun / 22:51 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。

行け行け,Go! Go!、ハッピー、ハッピー。
そんな言葉がとてもよく似合う映画です。

主人公のエルに載せられて、
昔からの友達や、知り合ったばかりの仕事仲間たちが、
エルのために、とんでもない行動をしでかすのが、とても微笑ましい。
そのノリは、法律を制定するという行動にはとても思えず、
楽しいパーティーに参加しようとするノリです。

エルの相手をよく観察し、素直に相手を誉める気持ちや、
私心がない、ゴールに向かってのまっすぐな気持ちに
とても好感が持てます。

政治という世界は、庶民にとっては遥かに遠くて難しい存在です。
しかし、アメリカの理想であろう、
皆でこの国を善くしていくんだ、作っていくんだという気概を、
コメディーというノリで、小気味よく見せてくれます。
多少展開には強引なところもありますが、
エルや友人たちの活躍、
特に彼女たちのノリのよさ、友情、、
良いと思うことをためらわずに実行に移すさまなどを見ると
幸せに浸れる映画だと思いました。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.116 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.