2014.02.13.Thu / 16:06 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






陥落したホワイトハウス。
テロリストに占拠されたホワイトハウスに一人残された男。
その男が孤軍奮闘のすえ、テロリストから、大統領を救出する。
映画としては、とても面白いシュチエーション。
けれど、どこかで見たことがあるような設定。
そしてストーリーの展開も、どこかで見たことがある映画そっくり。
主人公の過去のトラウマも上手には生かされない。
ホワイトハウス陥落のシーンが迫力があっただけに、
その後の展開が残念な映画。

テロリストの要求どおり、韓国から撤兵するのか?
撤兵したら、世界はどうなるのか?
奇妙なバランスの上での平和が印象深い。

世界で一番堅固な建物であったはずのホワイトハウス。
それでも力づくで攻撃されれば、陥落してしまう。
力には力なのだろう。
映画のラストでは困難な時に団結し、
国の力を取り戻すように呼びかける大統領。
けれど力には力では、いつか破綻してしまうのでは?
そんな疑問も生じてしまう映画。




大統領を護衛中、大統領夫人を助けることが出来なかった男、マイク。
確かにあれは不可抗力だ。
しかし、大統領からは遠ざけられ、
過去の痛みを引きずり夫婦仲もうまくはいかない。
大統領もマイクを責めているわけではない。
けれど過去の傷を癒すには時間が掛かるのだろう。
突如として攻撃を受けるホワイトハウス。
この攻撃も、どちらかといえば頭を使った物ではない。
力を頼りに防衛しているのであれば、それ以上の力で屈服させる。
そんな思想が見え隠れする戦術。
けれど、次から次へと襲い来るテロリストの猛襲は大迫力。
そして、ついに陥落してしまうホワイトハウス。
その場に自ら巻き込まれていったマイク。

占拠された建物に人質。孤軍奮闘してテロリストを打倒する。
そんな映画は沢山あるものの、
やはり決定打は、なかなか死なない男が出てくる映画だ。
孤軍奮闘してテロリストを倒し、人質を助けていくていくマイク。
その展開は、その映画にそっくり。
マイクの過去の傷という設定を上手に生かすとか、
他にアイデアを盛り込むとか、
もう少し工夫があればよかったと感じざるを得ない。


マイクは元特殊部隊所属の男。
だから敵に対しては容赦ない。
一方のテロリストたちも、当然ながら手段を選ばない。
だから簡単に人が殺される。
至近距離からならば確実に相手の息の根を止めるために、躊躇無く頭を撃ち抜く。
相手が死にそうであったとしても。相手の言い訳を聞く間もなく。
もしテロリストたちが欧米人ならば描き方も変わったかも、、
なんて邪推もしてしまう。


テロリストの要求は第七艦隊の撤退。
これで軍事的に朝鮮半島は空白になり、
戦争が何時発生してもおかしくは無い状況になってしまう。
世界の平和は奇妙なバランスの上で成立している、ということなのだろう。
けれど、第七艦隊が撤兵すれば戦争が起こるというのも、
短絡的なようにも感じてしまう。


マイクにより最後には救出される大統領、そしてアメリカ。
「我々は新たに立ち上がる、より強く 団結して」
けれど力技では、より巨大な力に屈服されるだけではないのだろうか?


9.11を連想させるシーンも出てくる。
10年以上経った今ならば許されるのだろうか?


突っ込みどころ満載で悪口も書いてしまったが、
頭を空っぽにすれば、とても面白い映画。
それ故に、マイクの戦いぶりに、もう一工夫あればと考えてしまう、
ちょっと残念な映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1161 / タイトル あ行 /  comments(2)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
確かにあまり工夫の無い作品でしたね(^^;
なかなか死なない男の映画にそっくりな展開だし、
マイクの過去の傷もそれほど活かされていなかったし、
奥さんの情報を調べられた割には何も絡んでこなかったし、
やっぱり力対力の構図しかないのかと思えるし・・・
いろいろ突っ込みたくなりましたね。

でも私は頭を空っぽにして観たのと、
ジェラルド・バトラーが好きなので、割と楽しめました(^_^)
工夫があればもっと楽しめたでしょうね。

2014.04.17.Thu / 16:13 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

そうそう、実は私も見ている間は頭が空っぽ、
というか、あの怒涛の迫力で空っぽにさせられたというか、
それで、結構楽しめたんですが、
後から考えると、結構突っ込みどころも沢山で、
爆発で死んだふりなんかも、
死に難い男の展開にそっくりだったと、
思ってしまった次第です。

後かtら映画を振り返るといろいろ発見もあり、
楽しめるんですが、
この映画に限っては、振り返らなかったほうがとかったかも、、

それじゃ、また。

2014.04.17.Thu / 20:57 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
ジェラルド・バトラーの無敵の強さ、魅力はこれに尽きる! OLYMPUS HAS FALLEN 監督:アントワーン・フークア  製作:2013年 アメリカ 上映時間:120分 出演:*ジェラルド・バトラー *アーロン・エッカート  *モーガン・フリーマン *アンジェラ・バセット *メレッサ・レオ 必ず、救出する ホワイトハウスが北朝鮮のテロリストに占拠され、...
2014.04.17.Thu .No610 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△
んー、頭の中で本作の予告編と今度公開するローランド・エメリッヒの「ホワイトハウス
2014.04.19.Sat .No611 / はらやんの映画徒然草 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.