キス★キス★バン★バン  
2003.11.28.Fri / 23:03 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。

人生、初めてのことをするのには
結構、厄介なことだ
それまでの生き方や考え方を変えねばならないし
新しいことを受け入れるのも骨が折れる、、、

でも、本当はそんな大げさなもんじゃない
ちょっと、踏み出すだけでいいのだ
そしたら楽しい世界が待っている
それをババが教えてくれた
「人生に乾杯!!」


この映画には、ハードボイルド特有な設定やストーリーが、
ちりばめられています。
しかし、どこか情けなく、面白く、しかしシリアスでもある
不思議な映画です。
これも、登場人物たちの魅力のなせる業なのかもしれません。
私たちの人生において、
新しいことを始めることは結構厄介なことです。
飲み物の好みを変えたり、
音楽の趣味を変えたり、
人の親になったり、
死を迎え入れたり、

今まで信じてきた生き方、考え方を、
少なからず変える必要があります。
そして、新しい感じ方を受け入れる必要もあります。

しかし、それは頭で思ったほどに、
難しいことではないのでしょう。
そして、新しい世界を受け入れることは、
思った以上に楽しいことのなのです。
それは、たとえ年を取っていても、
体力の衰え等で人生に悲観的になっていたとしても、、


新しいことを知ることは、人の生活に張りを与えます。
そして、人生を再生していきます。

尊厳死を望み、実は死を恐れていたお爺さんも、
死を疑似体験し、死ぬことがどんなことなのか、
自分なりに理解できた時、
人生を再び生きる力を得たようです。

ババは世間知らずかもしれませんが、
唯一知っていたことは、
新しいことを素直に受け入れることなのでしょう。
そして、新しい世界が彼を輝やかせて見せています。
いろいろなものを手に入れたババ。
最初は、ただのでくの坊のようなババが、
最後には素敵な男性に見えました。
そんな姿が、フィリックスに新しいことを
始める力を与えました。

しかし、まあ、男というのは結構、
臆病で厄介だけど、単純な生き物なのかもしれません。


ジミーを演じたポール・ベタニーがとても良かったです。
存在感があり、悲しげな目。
フィリックスに誤解され、しかし最後には和解するあたりは、
とても切なくなります。
そして、シェリーを演じたジャクリーン・マッケンジーの
笑顔がとても素敵でした。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.120 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.