ゼロ・グラビティ  
2014.09.25.Thu / 16:57 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






僅かな希望にすがって生き抜こうとする事は、滑稽なことなのか?
巨大な絶望を前にして、あがき続けることは、
見苦しくて、意味の無いことなのか?
僅かな希望が絶たれた時、人は絶望に打ち負かされ、
その身を滅ぼされてしまうのか?

そうであるのならば、
抗うことなく絶望に身をゆだねるのが賢明な判断なのか、、、


生き抜くために、圧倒的な絶望と戦い続けた女性。
そんな彼女のラストの姿が神々しく見えた映画。





これは映画館で見るべき映画なのだろう。
自宅鑑賞を余儀なくされた私は、
最初のシーンから激しく後悔を感じてしまう。
しかし、それでも伝わってくる。
科学的には突っ込みどころ満載のストーリー。
けれど、それでも伝わってくる。
それは、宇宙空間で生き残ることの圧倒的な絶望感。
衛星の爆破、その余波で宇宙に取り残されてしまう、ライアンとマット。
マットの沈着冷静な判断により、序盤は何とか生き残ることが出来たライアン。
しかし、最後には一人になってしまう。


過去の悲劇的な経験すら、可笑しな昔話として人に披露するマット。
生き抜くためには苦難すら楽しみ、苦しみを人生を生きる為の友にする。
過去の悲劇的な出来事であっても友とすることは可能なのだ。
それはとても難しいことではあるのだが、それでも可能なのだ。


残り少ない空気の中、マットがライアンに話しかけ続けたのは、
それがライアンにとって重要な事だったから。
意識をしっかりと保ち、帰るべき場所を想像すること。
それが生きて帰るためには重要なことなのだろう。

ライアンが孤独と絶望に負け、死を選ぼうとした時、
それを救ったのは、またもや、マット。
語りかけ続けたマットが、ライアンの心の中に留まり、
ライアンを生かしたのだろう。


娘に死なれてしまったライアンは、世界を悲観的に捉えていただろう。
希望も喜びもない日常生活、毎日が同じことの繰り返し。
そして、今、一人宇宙に取り残され、帰る意味もない。
自分の周りにあるものは、圧倒的な絶望。
頑張ってみても、どうせ帰れない。虚しいだけ。
であるならば、抗うことなく絶望に身をゆだねるのが賢明な判断なのだろう。
けれど、ライアンの心の中に居るマットが問う。
ここに居るのか、地球に戻るのか?
それは可能性がある限り諦めず人生に挑戦し続けろ、ということ。
苦しいかもしれない。けれど、実は苦しみを楽しむことも可能なのだ。
そして、逃げているだけでは、苦しいだけなのだ。


全ての可能性を試し、全力で挑み、運命の時を待つだけとなったライアン。
焼け死ぬのか、生き残るのか、、、、結末は分らない。
しかし、その総てを受け入れたライアン。それは誰のせいでもない。これが自分の人生。
そして、これは最高の旅。それは、やれるだけの事を全力でやった達成感。
結果が重要なのではない。
心が負けなかったという事が重要なのだ。


生き抜くために、圧倒的な絶望と戦い続けたライアン。
ライアンのラストの姿が神々しく見える映画。

* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1224 / タイトル さ行 /  comments(2)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

これは映画館(3D)で観ましたよ~(^_^)b
宇宙空間に放り出された臨場感で、ずっと緊張が続きました。

そう、圧倒的な絶望感の凄さ!
ライアンがそんなどん底から、「生きる」という方向に
向かって行く姿が、胸に迫ってきましたね。
心の中にマットが居た事は、人間の生存本能だったんでしょうか。
>苦しみを楽しむ・・・奥が深いですね~
ライアンのラストの神々しさに、涙が出ました。

2014.10.02.Thu / 16:25 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ、

映画館ので鑑賞、羨ましいです。
ですが、PCの画面でも十分に楽しめましたよ、とやせ我慢。

マットがライアンに、ずっと語り続けたことが、
結果としてライアンの心にマットの考え方が留まった、
というように感じましたが、ライアン自身の生存本能というのも、
なるほど、と思いました。

ラストは、本当に神々しかったですねーー。

それじゃ、また。

2014.10.02.Thu / 22:42 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
絶望のどん底で、本能が呼び覚まされた。 GRAVITY 監督:アルフォンソ・キュアロン 製作:2013年 アメリカ 上映時間:91分 出演:*サンドラ・ブロック *ジョージ・クルーニー 声の出演:*エド・ハリス 宇宙の暗闇を生き抜け 日曜日に家族4人で観てきました。 宇宙酔いしたわ~(@_@;) IMAX3D効果で自分が宇宙空間にいるような気分になり...
2014.10.02.Thu .No627 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△
2014年の最初の映画はこちら!「ゼロ・グラビティ」です。 昨年末の映画ブロガー
2015.03.29.Sun .No657 / はらやんの映画徒然草 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.