2015.01.15.Thu / 23:34 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






世界の運命を一身に背負った男。
逃げることも、失敗することも許されない。
同じ痛みを繰り返し、同じ悲劇を繰り返し、
しかし、タフな男に成長していく。

最後に魅せた男の笑顔。
それは安堵の表情なのか。
開放された喜びなのか。
新しい日を迎えることができた幸せからなのか。

仲間がいたとはいえ、孤独に戦い続けた男。
その男の最後の笑顔が心に残る映画。




軍の広報業務についていた男、ケイジ。
しかし、最前線に送り込まれてしまう。
ケイジが最前線に送られた理由は、彼がヘタレで卑怯な男だから。
誰もが最前線なんて行きたくは無い。
けれど、恐怖に耐えて前線に望む者たちがいる。
しかし、あの手この手で避けようとするケイジ。
そんなケイジが将軍には許せなかったのだろう。
演じているのが、トム・クルーズなので、
そのヘタレぶりが際立つ。


死ぬたびに同じ事を繰り返す。
繰り返すたびに何が起きるか学んでいく。
まさに、これはゲームの感覚。

あらゆる選択肢を試し、ラスボスを倒す方法を試していく。
それは、選択肢を試す、死ぬ、リセット、
また別な選択肢を試す、死ぬ、リセットの繰り返し。

同じ痛みを繰り返す。
人の死を繰り返し目の当たりにする。
あらゆる選択肢を根気強く試す。
正解があるのか分らない、それでも諦めずに粘り強く試す。
それは、とても気の遠くなる孤独で痛い作業。
そんな繰り返しがケイジをタフな男に成長させていく。
戦闘力も上がったかもしれない。
けれど、精神的なタフさが鍛えられたように思えてならない。


かつては同じ能力を持っていた女性、リタ。
同じ能力を持っているから話が通じる。
けれど、毎回毎回説明しなければならない。
なぜなら、ケイジには何回も経験したことだが、
リタにとっては初めてのことだから。
その辺りのギャップが時に可笑しく、時に切ない。
この辺りの見せ方のテンポもとても良い。


映画にはリタと行動をともにしなかったループが少なくとも2回はある。
多分、もっとあったであろう。
一つは、この繰り返しと戦闘に嫌気が差し脱走したループ。
しかし、結果はロンドンが攻撃され自身も死んでしまった。
これは到底受け入れられない結果だ。
だから、もう、逃げることも出来ない。

もう一つはリタを死なせない為に一人で戦ったループ。
この選択にはグッと来るものがある。

最後の戦闘はリセットが効かない戦闘。
しかし、勇敢にも、その戦いに挑むケイジ。
その身を犠牲にして、遂にラスボスを打ち倒す。


最後に魅せたケイジの笑顔。
それは安堵の表情なのか。
開放された喜びなのか。
新しい日を迎えることができた幸せからなのか。
それとも愛する者と再会できた喜びなのだろうか。

仲間がいたとはいえ、孤独に戦い続けた男。
その男の最後の笑顔が心に残る映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1252 / タイトル あ行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
トムがヘタレだなんて、珍しくて可笑しかったですね~
それがだんだん変化して戦闘能力も精神力もUPさせ、
最後にはいつものトムになってましたね。
それまでの繰り返しはかなりテンポ良くカットして見せてましたが、
ちょっと考えても本当に気が遠くなりそうでした。

でもいろいろな苦労も、敵をやっつけた事と
トムの爽やかな笑顔で報われた気がしました。
あの笑顔にはヤンさんが書かれているような
様々な感情があったでしょうね。
中でも世界が良い方向に向かって愛する人と会えた事が
一番嬉しかったんじゃないかと思いました。

2015.01.26.Mon / 18:24 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

いつもカッコいい役ばかりのトムでも、
こんな情けない役も演じることが出来るんですね。
しかも、なんだか似合ってる。可笑しかったです。
そして、ラストの笑顔。
これには、やられました。
さすが、トムですね。

それじゃ、また。

2015.01.27.Tue / 22:59 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
敵がかなわないものは人間性 EDGE OF TOMORROW 監督:ダグ・ライマン 製作:2014年 アメリカ 上映時間:113分 原作:桜坂洋「All You Need Is Kill」 出演:*トム・クルーズ *エミリー・ブラント *ビル・パクストン *ブレンダン・グリーソン *ノア・テイラー 日本原作、トム・クルーズ主演 地球が「ギタイ」と呼ばれ...
2015.01.26.Mon .No651 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.