100歳の華麗なる冒険   
2015.03.05.Thu / 00:10 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






100歳になった、おじいさん。
しかし、その生き方は変わらない。
総てをありのままに受け入れる。
思ったことを口に出す。
やりたいと思いついたことを実行する。
先の事は余分な事だとして考えない。

けれど、総てが上手く行ってしまう。
それは、おじいさんの強運の為なのか?
おじいさんの自然体と無欲さが呼び寄せる幸運の為なのか?

ちょっとブラックだけど、
有り得ないストーリー展開に、
にんまりさせられる映画。





100歳の誕生日を迎えた、アラン。
とても元気なおじいさん。
窓の外で爆竹が鳴っているのを聞き、興味をそそられたのだろう。
思い立ったら即実行。着の身着のままで窓から外に飛び出す、アラン。

持っていろと言われたから持ち続けた。
別に盗もうとしたわけではないのだろう。
けれど、大金を手に入れたアラン。
しかし、それを隠そうともせず、出会った人に喋ってしまう。
無欲なのか、お金に興味が無いのか、深く考えていないだけなのか?
多分、深くは考えていないのだろう。
それは、母親の遺言のとおり。
出合った人たちとお金を共有し、最後にはハッピーエンド。

追いかけてきた悪党たちは自然と排除されていく。
追いかけてきた警察も事件性は無いと判断し去っていく。

ありえない展開なのに、なんだか自然に感じられる。


奇想天外なアランの人生。
行き当たりばったりの人生のはずなのに、
さまざまな要人と出会い、助言をし、友人となる。
アランの一言で大きく歴史が変わっていく。
これも、ありえない展開なのに、なんだか、とても自然。
もしかしたら、それが、この映画のマジックなのか。

ちょっとブラックだけど、
有り得ないストーリー展開に、
にんまりさせられる映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1256 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.