私の少女  
2015.08.20.Thu / 18:49 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






同性愛というマイノリティの悲哀。
幼き少女のしたたかさと残酷さを描いたサスペンス。
家庭内暴力と児童虐待。
過疎、高齢化、閉鎖された街の逼塞感。
不法滞在労働者への差別。
様々な要素が詰まった映画。

それらを無視して生きることは簡単だ。
目をそらしさえすれば、日常生活は上手く行っている。
でも、それは本当に上手く行っているのか?

少女の持つ純粋さと危うさが印象的な映画。



左遷され僻地の警察署長に就任したヨンナム。
とても真面目な警察官。

狭い街で行われている児童虐待。
しかし、誰もが見てみぬふり。
けれど、見過ごすことが出来なかったヨンナム。
虐待された子供、ドヒに諭す。
暴力は悪いこと、自分の身は自分で守らなければならない事。
ドヒを苛めていた義理の祖母が事故死した。
港では、不法滞在労働者が故郷に帰りたいと暴れている。
多分、多くの村人はヨンナムが同性愛者ということを知っている。
けれど、見ぬふりをすれば、すべては丸く収まる。

ドヒの義父であり、町の有力者であるヨンハ。
労働力を確保する為に違法を犯している男。
街の人々はヨンハを、彼は良くやっていると見てみぬふり。
しかし、見過ごすことができなかったヨンナム。

ヨンハを捕まえ、逆に訴えられてしまったヨンナム。
しかし、ドヒの策略によってヨンハは再び逮捕され、ヨンナムは釈放された。

何を考えているのか分らない。
そう、街の警察官に評されたドヒ。
多分、祖母もドヒが殺したのだろう。

最後にドヒがニヤリと笑えば、
別な映画になっていたのかもしれない。
けれど、ヨンナムと生活できることに安心の笑みを浮かべたドヒ。

ドヒの目的は犯罪を犯すことでもなければ復讐を遂げることでもない。
自分の身を守ること。そして、ヨンナムとの生活を守ること。
そして選ぶことが出来る手段は限られている。

多分、このまま施設に送られれば、
心にバランスを欠いた大人に育ってしまうだろう。
このまま見過ごせば、
きっと犯罪者を育ててしまうことになるだろう。
それをヨンナムは無過ごすことはできなかったのだろう。

様々なことを見過ごしてきた村の人々。
その行く末は限りなく暗い。
見過ごさないことは、非情なる苦労を背負うこと。
けれど、未来を明るくすることはできるのだろう。


ヨンナムとともに生活を始めるドヒ。
純粋にヨンナムの言うことに従い自分の身を守ろうとした。
そして、ヨンナムとの生活を守ろうとした。
しかし、その方法はとても危ういもの。
少女の持つ純粋さと危うさが印象的な映画。



* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1288 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.