佳歩  
2015.12.03.Thu / 22:23 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






人生に挫折して前に進めなかった女性。
けれど、人生に挫折したというのは彼女の錯覚なのだろう。
挫折したように見えて、
人生に悩む前から、諦め、逃げていたのだろう。

自分に自身を持てない青年。
周りを信じることが出来なかった女性。
大切な物を失ってしまった女性。
生きる意味を見つけて歩き出した男性。

お遍路とは人と人とが交わる場所。
悩みを抱え、お遍路を巡る人々。
お遍路を巡る人々を暖かく見守る住人たち。
そんな交流を通じて、明日を生きる力も湧いてくる。


とても暖かな映画。
そして、悩みがあったらお遍路へ。
そんな気にさせてくれる映画。



大学に入学して就職。
人生は順風漫歩のはずであった。
しかし、退職してしまい実家で自堕落に暮らす、佳歩。
明確な目標を持つ弟と比べられればヤル気もでない。
そんな人生の落とし穴に嵌ってしまった女性。
犬の散歩に出かけて見る幻想。
それは、お遍路を巡る人々と、彼らの想い。


何をやっても上手く行かない青年。
しかし困った時に助けてくれた老婆の優しさに救われる。
もう一度頑張ってみようと思い直す。

周りの人を信じられなくなった女性。
けれど、お遍路では、皆が優しく道を示す。
まだ、世間は信じられることを学ぶ。

人生の宝物を失った女性。
喪失故に自分を虐めるかのように無理をして体を壊してしまう。
しかし、亡くした者の為にも、自分に親切にしてくれた人の為にも、
自分を大切に生きようとする。

人生の終盤になって、生きる意味を見出した男性。
死ぬのが早いのか、生を全うするのが早いのか。
しかし、生を全うしようとする生き方自身が自分に力をくれる。


お遍路を巡る人々の想いにふれるたびに、明日を生きる力を取り戻す佳歩。
表情が穏やかに、そして、生気に満ちてくる。

最後には、自身もお遍路をめぐり始めた佳歩。
自身の人生を歩き始めたのだろう。


お遍路を巡る人々。それを見守る人々。
皆がとても優しくて暖かい。


人生に疲れたら、そして、
人生に迷ったら、お遍路へ。
そんな気にさせてくれる映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1313 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.