共犯  
2015.12.17.Thu / 23:05 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






この映画を未見の人は、映画を見てから下記を読んでください。
ネタバレ満載なので。
お願いします。


孤独だった少年。
孤独だった少女。

共犯とは、
秘密を共有し、行動を共にする仲間のこと。
共犯者を得たことで少年の孤独は癒されたはずだった。
しかし起こってしまう悲劇。

少女が死んでしまった理由。
母親を嫌い、憎み、居なくても生きていると思っていた。
けれど、手放そうとした母親を追いかけようとして、
転落してしまった。

孤独を満たそうとして起こってしまった悲劇。
その悲劇にやるせなさを感じる映画。


いじめられっこのホアン。
友達も居ない、妹も自ら遠ざけている、
とても孤独な少年。
転落死したシャーを発見して出来た友人たち。
優等生で人気者のリン。
不良だが友情に厚いイエ。
普通であれば知り合えないであろう友達。
けれど、秘密を共有し、同じ目的を持ち、
行動を共にすることで、
友人になりえた三人。
それは、ホアンにとっては、
興奮を覚えるほどに、とても幸せでなことだったのだろう。
だから嘘をついてでも、残りの二人を共犯者にしたかったのだろう。


転落死した少女、シャー。
過保護に育てられ欲しいものを何でも与えられ、
けれど一番欲しいものを得られなかった少女。
一人で生きていける。友人は不要。
しかし、心の底では人と交わりたい。
だから日記を図書館の本棚に入れた。
けれど、そんなことでは友人はできはしない。

母親を嫌い、憎んでいた。
一度は捨てた母親からのプレゼント。
けれど、落ちていくプレゼントにあわてて手を伸ばす。
本当は母親にかまって欲しかったのだろう。


ミステリーにしては謎が浅い。
けれど、二人の孤独と苦しみ、
人とのつながりに対する渇望は十二分に伝わってくる。

孤独を満たそうとして起こってしまった悲劇。
その悲劇にやるせなさを感じる映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1317 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.