しあわせへのまわり道  
2015.12.31.Thu / 22:59 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






車の運転を学ぶということは、
人生を如何に生きるかを学ぶことに似ている。
そして、道を究めたプロの言葉には重みがある。

常に冷静でいること。
真っ直ぐ前を見ていれば周りも見えてくる。
気をつけないと不幸は一瞬でやって来る。
少し試して様子を見ては調整し、また様子を見る。

しかし、自分の事になるとままならない。
同じ宗教を信じ、相手は自分の事を深く理解出来ているはずだった。
けれど、そう思うのは自分勝手なのだろう。

相手の話を聞く。
そして、信じることが出来る人の忠告に素直になる。

幸せには簡単にはなれない。
完璧な幸せなんて存在しない。
けれど、まわり道に見えても幸せへの道は存在するのだろう。
そんな気分にさせてくれる、とても幸せな映画。



夫に裏切られ一人ぼっち。
だから何もする気になれない。
そんな人生の穴ぼこに落ち込んでしまった女性、ウェンディ。
多分、そんな人生の穴ぼこに嵌ってしまったのならば、
気分を変えて新しいことにチャレンジするのが良い気分転換になるのだろう。
そんなことを考えたわけではないかも知れないが、
自動車の運転を学ぶことを始めたウェンディ。

最初は戸惑い、尻込みし、なかなか運転に慣れなかった。
しかし、辛抱強く教えてくれる先生、ダルワーンのおかげで、
次第に運転に慣れてくる。
運転に慣れてくると、そして、時間が経ってくると、
見えてくることがある。

自分は夫をしっかりと見てはいなかった。
それでも浮気は最低の行為。
けれど、もう夫は二度とは帰っては来ない。


自動車講習の先生という職業故に、
上から目線で人に接しがちなダルワーン。
新しく来た妻にも、容赦がない。

同じ宗教を信じていれば一心同体、のはずだった。
けれど、実は相手のことをまったく知らない、そして見ていなかった。
それをウェンディに教えられる。

意を決して外に出たダルワーンの妻。
同郷の人に偶然にも助けられ友人たちも出来た。
新しいことを始めるのは勇気がいる。
けれど振り絞った勇気に見合っただけの幸せも得られるのだろう。


最後には免許の試験に合格できたウェンディ。
そして別れの時がやって来る。

二人は、特にダルワーンは相手に魅かれ始めていた。
けれど、ウェンディにとってダルワーンは運転の先生というだけではなく、
人生がまだ、信じられるものであることを示してくれた象徴的存在。
だから道を踏み外して欲しくはない。
そう考えての別れなのだろう。


人生に失敗して落ち込み、
新しいことを初めて失敗を振り返ることが出来る。

常に冷静でいること。
真っ直ぐ前を見ていれば周りも見えてくる。
気をつけないと不幸は一瞬でやって来る。
少し試して様子を見ては調整し、また様子を見る。
そして、信じることが出来る人の忠告に素直になる。

幸せには簡単にはなれない。
けれど、まわり道に見えても幸せへの道は存在する。
そんな気分にさせてくれる、とても幸せな映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1322 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.