ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール  
2016.01.28.Thu / 23:42 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






優しすぎる男の子。
リードして欲しかった女の子。

お互いに魅かれ合っていたにも関わらず、
別れを選んだ二人。
青春は上手くはいかないのだろう。

エミリー・ブラウニングが、おしゃれでキュート。
彼女のPV映画ではないかと思えるほどに、はまってる。
エミリー・ブラウニングの魅力が詰まった映画。





心に病を患っている、イヴ。
音楽の才能に溢れている女の子。
イヴが病院を抜け出して知り合ったジェームズ。
とても優しい男の子。

ジェームズの教え子のキャッシー曰く、
映画なら二人は恋人同士に成るはずだ。
けれど、最後には別れてしまう二人。


プレイボーイのアントンには体を許したイヴ。
それはテープを有名なディスクジョッキーに送ってもらい、
その反応を確かめたかったが故。
本当はお互いに魅かれていたイヴとジェームス。
けれど一線を越えない。
それはジェームスが優しすぎるから。保守的で臆病だから。
イヴはいつも待っていたのだろう。
そして、時には自分から誘ってもいたのだろう。
けれど、様々な行き違いとジェームスの優しさとで、
二人の間は進展しなかったのだろう。

良く食べて、良い友人を創ることができれば、
良い才能を生かす基盤が出来る。
しかし、食べることも、良い友人も創る事が難しいイヴ。
良い友人で恋人かもしれないと思っていたジェームズ。
しかし、そうではないかもしれないという思いが、
イヴに再び薬を使わせてしまう。


イヴには人生を教えてくれる大人が必要なのだろう。
包容力があって自分を導いてくれるような大人が。
けれど、それには若すぎるジェームス。

そして二人の目指す道もあまりに違っている。
今に十分満足しているジェームス。
自分の才能を未来に向けて開花させたいイヴ。

別れは必然だったのだろう。

ストーリーだけで見れば、ありきたりで悲劇的だが、
神は、その少女を助ける、という題名どおりに、イブにとっては、
とても、ご都合主義的にも見える。
それは、このストーリー自身、イヴが病の床で見た夢なのではないかとさえ思えるほどだ。
けれど、とにかくエミリー・ブラウニングが、おしゃれでキュート。
衣装や振り付けのセンスがとても心地よく感じられる。
エミリー・ブラウニングの魅力が詰まった映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1335 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.