2016.02.08.Mon / 20:21 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






荒野に希望を見つけようとした。
しかし、この世界に希望は見出せない。
けれど、希望は見つけ出すだけのものではない。
創り出すことも出来るのだ、


過去を清算するために、
希望を創り出そうとした女。
その希望を守ろうとした男。

彼らの壮絶な戦いに手に汗を握らされる映画。
そして、シャーリーズ・セロンの男気に魅せられる映画。




戦争により荒れ果ててしまった世界。
そこを宛ても無くさまようマックス。

故郷に帰ろうとした隻腕の戦士、フュリオサ。
故郷に希望を見出そうとした女性。
映画の前半から、
世界観や設定の説明抜きで、
手を変え品を変えのカーアクションの連続。
そして、マックスとフュリオサが共闘を始めた辺りから、
映画が俄然盛り上がる。


なんとか逃げ切った彼ら。
けれど、そこにあるはずの希望は、
すでになくなっていた。
これは人間の罪深さ故なのか。
現実から逃げるように逃避行を続けようとするフュリオサ。
しかし、マックスが諭す。砦には緑があると。

今までは逃げる為の戦い。
しかし、此処からは希望を取り戻す為の戦い。
そして壮絶なサバイバル。

子供に導かれるように戦うマックス。

脇を刺されようとも手を離さないフュリオサ。
どんなに窮地に陥っても、その眼光は衰えない。

種を託して死んでいったお婆さんの安らかな死に顔。

死に場所を求めていたニュークス。
今までは死神に嫌われていた。
しかし、愛する人の為に死を覚悟する。
それが切なくも美しい。

砦を陥落させたフュリオサ。
そして一人去ってゆくマックス。
それを見送るフュリオサ。
希望の為に命を懸けて戦った二人に言葉は要らないのだろう。
これこそがマッドマックスと感じさせてくれるラスト。


過去を清算するために、
希望を創り出そうとした女。
その希望を守ろうとした男。
彼らの壮絶な戦いに手に汗を握らされる映画。


* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1341 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.