バカバカンス  
2016.02.25.Thu / 21:04 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






人は時にとても愚かしい選択をしてしまう。


情にほだされて、身ごもった女性を引き取る。
そして、自分の子供として育てることを決める男。

方や、好きなはずの人を諦める青年。
けれど、未練を捨てきれず、抱きしめてしまう。

しかし、それらは、
とても愛らしく感じられる愚かさ。

とてもダメな青年。
その青年のダメさに、愛らしさを感じさせる映画。


須田さんと奥田さんが、とても清々しい。
雨で踊るのシーンがとても美しい。
なんてこと無いシーンにも目が離せなかった。
映画の原石のようなものを感じさせてくれる映画。



恋人と別れて、しかし、未練を断ち切れない、美智男。
オムライスを作るのが得意な青年。

毎日、留録を聞いてはシチューを食べる。
最初は訳が分らなかったが、
理由が分れば、とても痛々しい。
美智男を振った、亜衣。
とても自由奔放な女の子。

男に捨てられ美智男の元に再び居候を始める亜衣。、
しかし、本当はよりを戻したいと思っていたのだろう。
けれど、美智男は、つれない。
亜衣と別れて、所詮人は一人ぼっち、
それを悟ったと嘯く美智男。
けれど、それは先輩の隆司が言うように諦めているだけ。
しかも、それは諦めたふりをして自分を誤魔化しているだけ。
本心では元に戻りたいと思っているのだろう。


亜衣が振られた経緯を美智男に話した時、
本当は慰めて欲しかったのだろう。
そんな肝心な時ですら、冷たく接してしまった美智男。
もしかしたら、亜衣が美智男を振ったのは、
好きな男が出来たからだけではなく、
人の気持ちを察することができない美智男を嫌になったのかもしれない。
そして、別れて、しばらくしても変わっていない美智男に、
復縁は自分の気持ちとして無理だと悟ったようにも見えた。


夜の海辺で最後の最後に本心を告げる美智男。
しかし、それは、すでに手遅れ。
そして、そんな行為は自分を苦しめるだけ。今も、そして将来においても。
けれど、抱きしめずにはいられない。
人は一人では生きてはいけないのだから。


帰りにヤケになって車を暴走させるが、
亜衣に貰った亀の置物に助けられる。
そして、レストランで引いたおみくじ。
そのレストランで働くのか?
それともアパートに戻るのか?
まだまだ、美智男は亜衣との別れで苦しむのだろうが、
しかし、未来は少しだけ明るくなったように感じられる。

まあ、しょうがないよ。
生きていれば、こんなことは、良くある事だ。
美智男のダメさに、けれど、愛らしさを感じさせる映画。



* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1352 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.