さよなら歌舞伎町  
2016.04.14.Thu / 15:24 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






本当の自分を取り戻したい。
自分の理想どおりに生きたい。
それは難しい願い。
なぜなら、叶えたい夢があるから。

夢の為に、
自分の体を売り、
プライドを捨てて、
親しき人を欺き、
自分を偽りながらも、
生きている。

けれど本当の自分を取り戻すことは、
実は簡単なことなのだろう。
少しの勇気と、本当に大切なことに気付ければ。

本当の自分を取り戻す為に悪戦苦闘した人々。
その苦闘ぶりが可笑しくも愛しく感じられた映画。




歌舞伎町で行きぬく人々。
いつかは、この街を出て行きたいと願っている人々。
有名ホテルをクビになりラブホの店長を務めている高橋。
メジャーデビューの為に枕営業を余儀なくされている高橋の恋人。
犯罪を犯し、身を潜めて時効を待つ男と女。
夢の為に、お金の為にデリヘルを勤める韓国の女性。
その韓国の女性の彼氏も同じ事をしていた。

皆が自分を偽り生きている。


街で引っ掛けた家出娘。
情にほだされたというよりも、自分に正直に生きたい。
そう願い、手を出さなかったのだろう。

紆余曲折の末、お互いがお互いを裏切っていたことを認め合い、
そして許し合う。
最後には大切な者の為に帰国を決めた、韓国の女性の彼氏。

しぶとく逃げ回り、最後には自由を勝ち取った男と女。
やっと本当の生活を取り戻すことが出来た二人。

皆が歌舞伎町にさよならをする。
夢を叶えて離れていく人。
夢よりも大切な者の為に離れていく人。


俺はこんな所でくすぶっている人間じゃないんだよ。
高橋にとって、歌舞伎町は夢敗れてたどり着いた場所。
けれど、他の人々とは違い、飛び立てる宛ても無く、
方法も思いつかない。
枕営業をしようとする恋人を止めることもできず、
許すことも出来ない。

最後には故郷に帰る高橋。
果たして彼は、どのような気持ちで帰るのだろうか?
歌舞伎町からというよりも恋人と自分の夢から逃げ出す為に帰郷するのか?
それとも、故郷で再出発をする為に帰るのか?

後者を願いつつも前者のように感じてしまう。

自分の両親に総てを語り、
恋人にも総てを告白し、
偽りの自分を脱ぎ捨てる。
高橋に、そんな日が来ることを願わずにはいられない。



本当の自分を取り戻す為に悪戦苦闘した人々。
その苦闘ぶりが可笑しくも愛しく感じられた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1368 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.