サプライズ  
2016.05.19.Thu / 22:23 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






映画前半の印象は、猟奇的連続殺人。
しかし途中からサバイバル映画に変わっていく。
そして最後に判る真相。

スプラッター映画なのにサスペンスあり。
ホラー映画のようでいて笑いどころ満載。

一人戦うヒロイン。
けれど、健気さという言葉は彼女には会わない。
殺人者たちをも上回る彼女のスキル。
人が沢山死んで、それらのシーンは確かに気持ち悪い。
しかし、彼女の圧倒的な活躍に気分爽快にさせられる映画。



両親の結婚35周年に集まった子供たち。
しかし、一家を襲う惨劇。
最初は、無差別で猟奇的な犯人たち。
しかし、実は彼らは雇われていた。
そう考えると、
一家団欒の関でわざわざ口論したり、
危ないと判っているのにわざわざ助けを呼びに行かせたりと、
仕掛けも見えてくる。

こういう映画に良くありがちな、
嘆いてばかりで何も出来ない婦人や、
恐怖に駆られて一人飛び出した婦人が、
犠牲に成っていくのは、お約束。

しかし、一人戦いを開始する、エリン。

最初は殺人者たちだけが戦う相手、
のはずであった。
けれど、真相が判ると、周り総てが敵。
それを知らないエリン。
エリンの危うさに思わず応援したくなる。

真相が判ったときには足を怪我して逃げられない。
それでもしぶとく戦い続けるエリン。
「ミキサーで殺したわ」が可笑しい。

愛していた男性に裏切られていたことを知った時、
その男はきっと自分を次には殺すだろうと悟った時、
その男を手に掛けるエリン。
しかし、警察に見られてしまった。
けれど、思わぬ展開でなんとか解決。

でも、この惨状をどうやって説明するのだろうか?


人が沢山死んで、それらのシーンは確かに気持ち悪い。
しかし、彼女の圧倒的な活躍に気分爽快にさせられる映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1381 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.