2016.06.30.Thu / 20:13 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






軍を脱走した兵士。
王宮からの監視をすり抜けた王女。
ともに思うことは、
今の人生から抜け出したいということ。
しかし、それは儚い夢物語。
周りが許すはずも無く、
きっと自分自身も許さないであろう。

共に元の生活に戻ることを決めた二人。
しかし、未来は明るい。
困難は沢山あるかもしれない。
けれど、二人の出会いが、
二人の未来を明るく照らすであろう。

夢を諦めた寂しさ。
しかし、強く生きていこうと決めた二人の心の輝き。
その輝きに気持ちが明るくさせられた映画。



自由が欲しい。
第二次世界大戦が終わり、人々が解放される夜。
自由を満喫したい。これが最後のチャンスかもしれない。
そう願い、街に飛び出した若き日のエリザベス王女。
希望に燃えて入隊するも現実に打ちのめされた、ジャック。
上流階級は他人の栄誉を奪うばかりという、
価値観を持つ青年。


自由がまったく無い王宮の暮らし。
王宮の外の人には何気ない日常でも、
今日の出来事は、とても楽しくて貴重な体験。

国の為に戦い、悲惨な経験もした。
しかし、まったく報われない。
手柄を横取りするのは上級階級の特権なのか。

最初は反発していたものの、
次第に相手を理解しあう二人。
そして、お互いの苦悩と苦労を知ることになる。

本当は今の生活から抜け出したいと願っていた二人。
しかし、最後には今の生活に戻ることを決める。
相手を知るにつれて、
完璧な自由は手に入らないことを悟ったからであるかもしれない。
しかし、それ以上に彼らがお互いから感じたのは、
困難を前にしても頑張っている人が目の前にいるという事実。
自分に科せられた使命や境遇を受け入れ生きてゆく。
お互いがお互いを暗黙のうちに励ました結果なのだろう。


そして、
「継ぎたくもなかったろうに、よく頑張ってるよね。」
そんな言葉も王女の心に響いたからであろう。

覚悟を決めた後の二人は、とても輝いて見える。
もう二度と会えないかもしれない。
しかし、お互いを理解し合えた存在が、この世の中に居る。
それが心の支えとなり、二人の未来を照らすだろう。

強く生きていこうと決めた二人の心の輝き。
その輝きに気持ちが明るくさせられた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1394 / タイトル ら行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.