2016.08.11.Thu / 13:36 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






抑えきれない性欲。
飽くことがない食欲。
そして異常な不死への挑戦。

状況や環境、社会が抑えれば抑えるほどに、
過激になっていく、彼らの欲望。
祖父から子供へ、そして孫へ、
受け継がれていく異常なほどの欲望。

グロテスクな映像と、
彼らの欲望に圧倒される映画。



軍隊の一兵卒である、ヴェンデル。
上官からは奴隷のように、こき使われ、
報われない人生を送る男。
周りには多くの若い女性たちが居る。
けれど、ヴェンデルには高嶺の花。
女性のあそこより良い物が、この世に存在するのか?
そう言われても、遠くから女性たちを見つめるしか術がない。
映画的表現ではあろうが、
彼の暴発した性欲の描写が凄まじい。



ヴェンデルの息子で大食い選手権の選手、カールマーン。

食事を取る目的は、
自身の命を維持することであったり、
美味しいものを食べる時間を楽しむことでもあろう。
けれど、大食いは、そのどれにもあてはまらない。
そして、ひたすらにグロテスクである。

大会で一位になる事を国や国民に期待されている。
しかし、強力なソビエトには勝つことは出来ない。



カールマーンの息子で剥製師である、ラヨシュ。

父親と飼い猫の為に大量の食料を買うスーパーで、
女性店員に話しかけるが、相手にはされない。
社交的な雰囲気がラヨシュからはしない。


父親が死に父親を剥製にする。
そして自らをも剥製にしてしまう。
ここに至るまでの感情は一切説明されない。
剥製を作るという欲望に取り付かれた結果なのか。
自分と父親を永遠に残したいと欲したからなのか。


祖父から子供へ、そして孫へ、
受け継がれていく異常なほどの欲望。

グロテスクな映像と、
彼らの欲望に圧倒される映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1407 / タイトル た行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.