フラワーショウ!  
2016.10.06.Thu / 12:25 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。

自然と共に育った女性。
だから、自然と調和した生き方をすべきだ、と考える。
しかし、世間は受け入れない。

自然に手を差し伸べれば、
自然は、その問いかけに答えてくれるはず。
お互いが協調して、
その美しさが完成する。

自分に自信が持てなかった女性。
しかし、大いなる自然が自分を後押ししてくれた。
それでも彼女の前途は、まだ開かれない。
しかし、自分の信じた道を進んでいくのだろう。
なぜなら、彼女は願えば叶うということを実感したのだから。

自然と共に歩む生き方を志した女性。
そんな女性のバイタリティにほっこりとさせられる映画。


ストーリーが予定調和的でないためか、
判りにくく感じるかもしれない映画。
夢見る女性のサクセスストーリとして見ると、
成功の要因が偶発過ぎて、ライバルも邪魔してこない。
恋愛映画としては、想いを寄せた男性の心変わりに、
ストーリーの流れの焦点が合っていない。
実話だから仕方ないのかもしれない。
けれど、自然との対話を描いた映画と考えれば、
面白く感じられる映画。
大自然と共に育ち、
大自然と対話しながら育った、メアリー。
ガーデン・デザイナーを目指している、
田舎育ちの引っ込み思案な女性。

デザインを盗まれ、しかし、チェルシー・フラワーショーへの出場が決まった。
そして、見事に金メダルを獲得できた。
それは偶然にも巡り合えた人々のお陰かもしれない。
けれど、メアリーが持つバイタリティーが彼女に金メダルをもたらしたのだろう。

引っ込み思案に見えて、けれど、強い意志を持つメアリー。
それでも、最初は不安だった。
エチオピアに行ったのも、
本当は頼れる男性、クリスティーに助けて欲しかったから。
しかし、エチオピアで見た大自然。
次々と蘇る木々のイメージ。
そんな風景に自信を貰い、クリスティー抜きでショーを戦い抜くことを決める。
そんな姿を見たからこそ、クリスティーは戻ってきたのだろう。
そして、メアリーの頑張りに応えるかのごとく咲き誇るサンサジの花。

自然に助けられ、勇気をもらった。
そして、自然に、その手を差し伸べた結果、
自然は、その問いかけに答えてくれた。
そして獲得した金メダル。

けれど、メアリーの前途は、まだまだ困難が続くのだろう。
フラワーショーのパーティーには出席できなかったメアリー。
まだまだ、メアリーの思想は受け入れてもらえてはいなかった、
ということのだろう。
けれど、願えば叶うということを実感したメアリー。
力強く、その後の人生を歩んだことなのだろう。



自然と共に歩む生き方を志した女性。
そんな女性のバイタリティにほっこりとさせられる映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1430 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.