2017.10.05.Thu / 14:21 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






家族のあるべき姿や、その幸せの形に、
正解はないのかもしれない。
けれど、必要なことはあるのだろう。
それは、お互いへの深い愛情と個々の成長。

子供だった少年が青年に成長する。
それと同時に姉も、父も、母親も同時に成長する。
誰にも時間を止めることはできない。
それ故に、彼らにとっては一瞬一瞬が貴重な時間であり、
そして、それらが無ければ、
今の彼らは存在しないのだろう。

紆余曲折を経て、
家族としての幸せに至り、それを通過して、
さらなる未来に至るであろう彼ら。

家族の成長と変らぬ愛情。
時の流れは瞬間瞬間の積み重ね。
その何気ない一コマ一コマが愛おしく感じられた映画。


同じキャストで12年間撮り続けた映画。
だから少年の成長が実感として感じられる。
可愛かった笑顔が精悍な顔に変る。
それを見ていると、
まるで自分が少年の保護者のような感覚に陥る。
そんな不思議な感覚をも感じさせてくれる映画。



六歳の少年が青年になる。
両親は離婚し、母親に引き取られた。
アル中の義父。
若くて少し自己中の二番目の義父。
そして母親の元を離れて大学に進学する。
様々な出来事があり、
決して家族は順風満帆というわけではない。
むしろ波乱万丈だったように感じられた。
けれど、そこには確かに幸せな風景があった。
若い故に人生の生き方を理解できていない父親。
息子に向けるアドバイスは支離滅裂で、
ポイントなんて存在はしない。
けれど、父親の言葉には愛情が溢れている。
子供の事を心配し、自分のようには、
ならないように案じている。
だから、この家族の風景には幸せが感じられる。


弟と戯れていた姉が、次第に弟の元を離れる。
チャランポランだった父親が、
再婚をし、子供を儲け落ち着いた雰囲気を感じさせる。
子供たちの為に仕事一筋だった母親。
しかし息子の旅立ちに涙を流す。
皆が成長し、家族から何かを感じて、何かを返している。
なにげない、ありふれた日常が、
しかし、連続して眺めていると、
それらがとても貴重な光景に感じられてくる。

家族の成長と変らぬ愛情。
時の流れは瞬間瞬間の積み重ね。
その何気ない一コマ一コマが愛おしく感じられた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1527 / タイトル ら行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.