セイフ ヘイヴン  
2017.10.12.Thu / 14:42 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






過去に訳アリの女。
過去に傷を持つ男。
運命の出会いによって、
人生を再生させてゆく二人。
その過程が微笑ましいくも、
いろいろな意味でハラハラさせられる映画。

しかし、それ以上に、心に残ったのは、
二人を見守り、後押しした存在。
残された人々の行く末を案じ、
信頼できる人に託した、その人の想い。
その想いに涙させられた映画。



普通は此処は通過するだけ。
10分もいたらバスに乗って離れる。
しかし、そんな港町に住むことを決めた女性、ケイティ。
そして、その街で雑貨店を営むアレックス。
徐々に親密になる二人。
ペンキも扱っていたのか、の問いかけに、
今日からだ、とのアレックスの台詞が微笑ましくも可笑しい。
最初は他人を避けていたケイティ。
しかし、気さくで優しい街の人々に、
徐々にケイティの警戒心も和らいでいく。
自転車のエピソードも微笑ましい。

ケイティの居場所を執拗に探そうとする刑事。
ケイティの存在を快く思っていないアレックスの息子。
そんなことにハラハラさせられるものの、
結果と真相が明かされれば、少し肩透かし。
殺人事件でもなければ、
追いかけていた刑事は夫で、すでに首を言い渡されている。
息子も、いつの間にかケイティを好いている。

最後には自身の居場所を見つけることができたケイティ。

ケイティとアレックスの仲を取り持ったジョー。
しかし、最後に明かされるジョーの正体。
自分が愛し、一番大切に想っている家族。
その人々の行く末を案じ、
信頼できる人に託した、その人の想い。
彼女は、家族をいつまでも見守っていくことだろう。

その想いに涙させられた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1529 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.