不思議めがね  
2017.10.19.Thu / 14:55 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。







汚れた世界で汚い生き方をしている大人たち。
それを冷めた目で見つめる子供たち。

幼い少年たちの三角関係。
しかし、彼らと死への距離の差が、
微妙に少年たちの三角関係に影響を与える。

支離滅裂で伏線の回収も無いストーリー。
お世辞にも上手だとは言えない少年たちの演技。
けれど、それらが不思議な雰囲気を醸し出している。

めがねの力を信じ、すがりつきたい少年。
めがねの力を信じることを諦めた少女。
その差が痛々しく感じられた映画。




仮病を使っては保健室に入り浸り、
祖母の見舞いの為に病院に入り浸っている、ゆうき少年。
ゆうき少年の通う病院に入院している、るい、そして、ひかる少年。
ゆうき少年が見つめる大人の世界。
自分を使って、ネズミ講詐欺を祖母に迫る母親。
校長先生と保険の先生の、痛いのに気持ちいい関係。
いつも笑っていたおじいさんは、しかし、本当は笑いたくなんてない。
世の中を浄化しようとする母親たち。
しかし、この世界は一向にきれいにはならない。

母親も学校も嫌いな、ゆうき少年。
いっそのこと逃げ出したい。
そう思っていて、しかし、
此処から逃げ出せるチャンスが来ても、しり込みをする。
嫌いなのに、惰性で生きているだけなのに、
知らない世界に飛び出す勇気はないのだろう。


るいにほのかな思いを寄せる、ゆうき少年。
三角関係のように見えて、しかし、
ゆうき少年とるいとの距離は、
ひかる少年とるいとの距離に比べれば遥かに遠い。
なぜなら、るいとひかる少年は常に死をまじかに感じている。
二人は同じ想いを抱えていて、それは、ゆうき少年には理解できない。
生と死の狭間に居て、かすかな希望を自ら諦め、
絶望を友として生きている二人の気持ちは、
ゆうき少年にはわからない。


人の命は青い光。
その光を見ることができる不思議めがね。
命が輝いている間は死ぬことはない。
るいに死んで欲しくはない、ゆうき少年。
だから励ましたい。
けれど、その想いは届かない。
るいが置かれている厳しい現状に比べれば、
ゆうき少年の発想は、とても子供っぽい。
だから、残念ながら、届かない。


めがねの力を信じ、すがりつきたい、ゆうき少年。
めがねの力を信じることを諦めた、るい。
その差が痛々しく感じられた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1531 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.