愛してる、愛してない..  
2004.04.11.Sun / 16:37 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。

期待していた内容とは、はるかに遠い映画でした。
いい意味でも、悪い意味でも裏切られた感じがします。

人は、思い込み、誤解が激しいものです。
恋愛でも、争いごとでも、なんでも、そうなのですが、
一方からの言い分ばかり聞いていると、当然ですが、
聞いている側の考えや感情も、偏ってしまいます。

私なんぞは、最初のアンジェリクの姿に、
いじらしさ、哀れさ、けなげさを、
そして 勝手なロイックには怒りすら覚えました。
それが見事に逆転。
最後にはオドレイ・トトゥの笑顔が恐ろしくなりました。
ただ、この映画は、ガス自殺した時に、そのまま、愛する彼に介抱され、
幸せに包まれて死んでゆけば、自分的には5つ星くらい挙げられたと思いました。
そしたら、恐ろしくて、でも不思議で哀しい映画になったかもしれません。

ちょっと、最後の展開は、私にすら読めてしまい、
怖いだけの映画となってしまったのが残念です。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.163 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.