FC2ブログ
  スカイスクレイパー  
2020.01.09.Thu / 22:26 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






燃えあがる超高層ビル。
残された家族を救うべく、
一人、火災現場に挑む男。

無敵の男、ドウェイン・ジョンソン。
この映画では片足が義足というハンデを持っている。
しかし、ドウェインには、
それくらいのハンデがちょうどいいかもしれない。

家族の為に奮闘する男。
そんな男の奮戦に熱くさせられる映画。



元FBI人質救出部隊長のウィル。
任務中に片足を失ったが、
それ故に巡りあうことができた家族。
とても、家庭思いの男。
香港に建てられた超高層ハイテクビル、パール。
そのビルの警備監査を任されたウィル。
しかし、ビルのオーナーが所有している情報を狙うテロリスト達により、
炎上してしまう、パール。
パールに取り残されてしまった家族。
しかし、家族を諦めないウィルは、クレーンからパールに飛び移る。
片足が義足、警官に追われ銃撃を受ける。
そんな状況に手に汗を握らされる。
成功した時に、歓声を上げる聴衆。
そして、警察官までも。
それが、なんだか、微笑ましくも嬉しい。

テロリストたちの狙いはパールのオーナーが隠し持つ秘密情報。
隠し持っていてもパールが火災となれば、
持ち出さないわけにはいかない。

妻と息子は助けることができた。
しかし、人質になってしまう娘。
粘着ガムテープがあればなんとかなる。
機転を利かせ、義足をも使い、
オーナーの部屋に飛び込むウィル。

最後の対決は、やはり鏡の部屋。
俺の命より娘の命の方が大切だ。
ドウェイン・ジョンソンに、とても良く合う台詞だ。

炎に包まれ絶体絶命。
けれど、大概のトラブルは再起動で片が付く。
その言葉がウィルを救う。
それが微笑ましくも嬉しい。

家族の為に奮闘する男。
そんな男の奮戦に熱くさせられる映画。
* テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画 *
No.1753 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.