FC2ブログ
2020.01.30.Thu / 19:30 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






一族の名誉回復の為、
というよりも、
もう一度、愛する祖父に会いたい。
その願いを叶えるために、
大冒険に出発した少女。

ストーリーは王道的で幸運にも助けられる。
しかし、美しい映像美。
特に舞い散る雪の美しさには驚かされる。
リアルに描きこむことだけが、
アニメーションの表現ではないのだろう。

邂逅できた祖父。
祖父の最後の願いは叶ったのだろう。
それは、少女の意志と行動力の強さがもたらした結果。
そして最後に訪れるお約束の大団円。

少女と祖父の絆の強さに心を打たれた映画。




北極探検に向かったまま、
行方不明になってしまった愛する祖父。
皇帝からの多額の資金援助をもらい、
しかし、何も成果を挙げられなかった。
そんな祖父の名誉を回復しなければ。
しかし、それ以上に祖父に会いたい。
サーシャの大冒険が始まる。
お嬢様で世間の事を知らないサーシャ。
着替えを手伝ってくれる次女も居なければ、
鉛筆を用意してくれる執事も居ない。
大切なイヤリングも騙されて取られてしまった。
あまりに無謀で、とても心配。
しかし、めげないサーシャ。

酒場の女主人に助けられ、
徐々に生きる術を学んでゆくサーシャ。
いつもは朝、起こされていたのに、
最後には女主人を起こすようにまでなる。
頼もしく感じさせられ、嬉しくもさせられる。
自信に満ちて、不思議と顔の表情まで違ってみえる。

調べ尽くした航路図と機転により、
遂に自分を載せてくれる砕氷船を見つけ出す。

船の上でもロープの縛り方を独学で学ぶ。
それが役立つ場面が直ぐに現れるのは、出来過ぎではあるものの、
しかし、サーシャの行動力が頼もしく感じられる。
それまでのサーシャの言動から、
その行動力が本物であると納得させられる。

運悪く氷山によって潰されてしまう船。
死を覚悟した船長を救ったのは、
ここでもサーシャの行動力。

残り少ない食料。
ここで待っていても助からない。
祖父の船を探し出すしか生き残れない。
サーシャが正しい、彼女を守れ。
船長もサーシャの真価を認めたのだろう。

食料が乏しくなり皆がサーシャに辛くあたる。
しかし、遂に出会うことができた、凍り付いた祖父の遺体。
祖父の航海日誌を受け取る。
祖父が眺めた美しい風景をサーシャも見ることができた。
祖父の最後の願いはかなえられたのだ。
もう思い残すこと無いと言いたげに、遠く消えてゆく祖父。

祖父の航海日誌から祖父の船を見つけることができた。
サーシャの言っていたことは正しかった、
というよりも、サーシャの行動力が、それを実現させたのだろう。
幸運にも助けられたのかもしれないが、
行動しなければ結果は生まれない。

最後に祖父が北極点に立てた旗が風に飛ばされる。
史実と異なるが故のシーンなのか?
それでもサーシャさえ信じていれば祖父は十分なのだろう。

叶えられた祖父の夢、サーシャの願い。
それは、サーシャの意志と行動力の強さがもたらした結果。
少女と祖父の絆の強さに心を打たれた映画。
* テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画 *
No.1760 / タイトル ら行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.