FC2ブログ
  美しい星  
2020.05.28.Thu / 11:19 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






難解なストーリー。
テーマは地球温暖化、のようでいて、
実は違うように感じられる。
この映画は、様々な解釈が成り立つかもしれない。

自分は特別な存在。
けれど、それは単なる思い上がり。
そんな思い上がりが自身を破滅に導く。

純粋故に揺るぎが無く、
盲信しているが故に迷わない。
真っすぐに突き進む。
しかし、世界と相手は、もっと狡猾だ。

想い上がった者たちの危うさ。
そんな危うさを感じた映画。



ニュース番組で気象予報士をしている、重一郎。
ある夜、道路を走っていたはずなのに、
光に包まれ、田んぼの真ん中で気が付いた。
そして、火星人に覚醒してしまう。
火星人として覚醒した重一郎は、
自分が正しいと思うことを主張し始める。
正しいことを主張すれば人は受け入れてくれるはずだ。
今の気候変動は人間の自然破壊が原因で、
まだ、修正が利くはずだ。

しかし、
先の事も考えず人間はエネルギーを浪費した
と息子である一雄に諭される。
人間に救う価値はあるのか、と政治家秘書の黒木に迫られる。

黒木は政治家の高森を利用して、
徐々に人間たちを破滅させようとしている。
そして、息子を利用して重一郎を追い詰める。
重一郎が相手にしている者は、とても狡猾だ。

そもそも現在の気候異常は自然のサイクルで、
だからこそ人は滅びるしか道はない。
救済の道があると信じるのは、
人間が自分たちは特別で救われる道があると信じているから。
それは、とても高慢な事なのかもしれない。



美しくて成績も優秀。
周りからは特別扱いされている重一郎の娘、暁子。
やっと自分の真価が分かる男性、竹宮と出会う。
そして、竹宮の子供を宿してしまう。

これは処女受胎。
私と竹宮は金星人。
だから周りに妊娠を悟られても常に堂々としていた暁子。
しかし、実は竹宮は女たちに借金をして逃げ出すような男。
映画では明確には語られないが、
処女で妊娠というのも暁子の妄想なのだろう。
そして残されたのは妊娠という重い現実。



美しい水の勧誘活動で表彰される重一郎の妻、伊余子。
それが体に本当に良いと信じて勧誘に励んだ。
しかし、それは偽りだった。



政治家の秘書に雇われた重一郎の息子、一雄。
自分が政治家になれると野心を持っていた。
しかし、重一郎をテレビから排除した途端、用済み。
首になってしまう。



自分は特別な存在。なぜなら他の惑星から来た者だから。
けれど、それは単なる思い上がり。
そんな思い上がりが自身を破滅に導く。

純粋故に揺るぎが無く、
盲信しているが故に迷わない。
真っすぐに突き進む。
しかし、世界と相手は、もっと狡猾だ。

想い上がった者たちの危うさ。
そんな危うさを感じた映画。
* テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画 *
No.1793 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.