fc2ブログ
  マスカレード・ナイト  
2024.02.01.Thu / 12:12 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。








この映画を未見の人は、映画を見てから下記を読んでください。
ネタバレ満載なので。
お願いします。


お客様の全てを信頼し、それに応えるホテルマン。
容疑者の全てを疑い、暴こうとする刑事。
まったく正反対な職業に就いている二人。

無理とは言えない。
それはホテルマンのルール。
しかしルールに縛られると、それ自身が目的となり、
本当の目的を見失ってしまう。
しかし、それに気づけば相手を理解できる。
実は同じ目的を持つ二人。
それに気づけば犯人にもたどり着ける。

二人の信頼関係が素敵に見えた映画。

最後に暴かれる意外な真犯人。
ただ、仕掛けが込み入っていて、
素直には驚けなかったのが残念な映画。
マンションの一室で発見された女性の遺体。
大晦日にホテル・コルテシア東京で行われるマスカレード・ナイトに、
犯人はやってくるとの密告が寄せられる。
またまたホテルに潜入捜査することになった新田刑事。
そしてコンシェルジュに異動した山岸と協力することになる。

お客様の全てを信頼し、
お客様の仮面を暴いてはいけない山岸。
容疑者の全てを疑い、
容疑者の仮面を暴こうとする新田。
この辺りは前回と同様な展開ではあるが、
集団と集団のぶつかり合いが加味され、
それが面白さにつながっている。

お客様に無理とは言えない。
それがホテルマンのルール。
だから、お客様が持ち込む無理難題を、
機転を利かせて解決してゆく山岸。
しかし、最後の最後に、難題を断る山岸。
それは、他のお客様に迷惑がかかるから。
ルールに縛られたのならば、できなかった発想だろう。
ルールが目指すものは、お客様の安全、そして快適な時間。
それを新田や能勢に教えてもらったからなのだろう。
そして、その発想が真相に近づく結果となったのだろう。
お客様の仮面を暴いてはいけない。
しかし、怪しいと感じたお客様の尾行をする山岸。

警察に復讐することが目的だった真犯人。
それは達成することができたのだろう。
警察は殺人を未然には防ぐことはできなかった。
ただ運が良かっただけ。
しかし、新田の目的は勝負に勝つことではない。
人々の命を守ること。
運に助けられたとはいえ、それは達成することができたのだ。

お互いの目的が同じであることを認識できた新田と山岸。
二人の信頼関係が素敵に見えた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2159 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.