fc2ブログ
  コンフィデンシャル/共助  
2024.02.08.Thu / 12:20 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






北朝鮮から韓国に亡命した犯罪者を捕まえるため、
共に協力する北朝鮮と韓国の刑事。

しかし、北朝鮮には北朝鮮の秘密があり、
韓国には韓国の思惑がある。

最初はお互いを騙し合っていた二人。しかし、
相手の事情を知り、
相手の家族に触れ、
最後には、お互いを助け合う。

最後には本当の義兄弟となれた二人。
そんな二人の姿に嬉しくさせられた映画。

繰り広げられる激しい銃撃戦、カーチェイス。
街中での執拗な追跡。
監視カメラを利用した居場所の特定。
それらも楽しめた映画。



北朝鮮で秘かに作られていた偽ドル札。
その原版が奪われてしまった。
犯人を捕らえ原版を回収する任務についた、チョルリョン。
寡黙で身体能力に優れた、特殊部隊のエリート刑事。
韓国に亡命した原版を奪った犯人を捕らえるために、
秘密裏に結ばれる南北共助捜査。
韓国側で、その任務に就いたのは、ジンテ。
おしゃべりで銃の扱いも下手な刑事。

原版の存在が明るみに出れば戦争になってしまう。
だから北朝鮮側は、それを秘密にしている。
しかし、その存在を疑っている韓国側。
共助捜査と言ってもお互いを騙しあう二人。
ジンテのスマホを盗聴するチョルリョン。
捜査の邪魔をするジンテ。

最初はお互いを受け入れてはいなかった二人。
それが徐々に変わってゆく。
チョルリョンが犯人を憎む理由を知る。
ジンテの家族とともに食事をする。
ジンテの多少強引とも言える話術で、
いつしか義兄弟になってゆく二人。

犯人の所在が判明する。
10人以上の敵が待つ犯人の居場所へ単身乗り込もうとするチョルリョン。
それを追いサポートするジンテ。

捜査は復讐の為に行うのではない。
刑を負わせるために逮捕するのが刑事の役目。
それはジンテの強い信念。
従うのは難しかったかもしれないが、
ジンテの真っ直ぐな想いはチョルリョンには届いたのだろう。
今度はジンテの家族が捕まってしまった。
その危機を救うべくやってくるチョルリョン。
そんなチョルリョンを見捨てることができなかったジンテ。
二人の友情がうれしい。

激しい銃撃戦の末、犯人は射殺された。
復讐の為ではない。それは仲間を救うため。
そして原版を海に捨てるジンテ。
こんなものがあるから人が死ぬ。
だからこその行為なのだろう。

最後になぜ刑事になったのかを語り合う二人。
薄給に耐え、多くの傷を負い、しかし、
その活躍が日の目を見ることは少ない。
けれど人々の幸せを守りたい。
それは、チョルリョンも同じこと。
もう大切な人は失いたくはない。
だからこその共助なのだろう。

最後には本当の義兄弟となれた二人。
そんな二人の姿に嬉しくさせられた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2161 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.