fc2ブログ
2024.02.22.Thu / 12:38 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。








この映画を未見の人は、映画を見てから下記を読んでください。
ネタバレ満載なので。
お願いします。



人が死ぬのを、もう見たくはない。
だから事件を避けてきたポアロ。
しかし、事件に巻き込まれ、
自分でなければ助けられない人々が居ることを知る。
それが死んでいるのか、
生きているのかは別として。

最後には再び難事件に挑むポアロ。
その姿に不思議な運命を感じた映画。



ベネチアで引退生活を送るポアロ。
事件の依頼もかたくなに拒み、
ボディーガードに守られ、
悠悠自適に過ごす日々を送っている。
ポアロが引退した理由は、
この映画では明確には語られてはない。
しかし、人が死ぬのを見るのに嫌気がさしたからなのだろう。
自分が関われば死なずに済んだ人も追い詰められた犯人に殺される。
それが嫌になったのだろう。
しかし、強引に事件の捜査に関与させられるポアロ。

この映画はサスペンス要素や推理要素は極めて低いような印象を持つ。
謎の種明かしやトリックの解説というよりも、
他人が気付きにくい点をポアロが見逃さず、
その見逃さなかった点をつなぎ合わせると犯人に辿り着く、
といった感じだからだ。
だから謎が説かれた爽快感はあまり感じられなかった。

盛られた毒で幻覚を見始めたポアロ。
幽霊の存在を信じるのか、信じないのか?
しかし、幼少のアリシアの亡霊が犯人に導いてくれたのは、事実なのだろう。
それが幻覚なのか、本当の幽霊かは別として。
そしてポアロは、それが幽霊だと信じたのだろう。
犯人を捕らえて欲しいと願う幽霊であると。

最後には現役復帰するポアロ。
自分にしか解けない謎がある。
自分にしか救えない人がいる。
だから今日も謎に挑む。
それがポアロの宿命なのだろう。
その姿に不思議な運命を感じた映画。

* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2165 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.