fc2ブログ
  REDLINE  
2024.03.14.Thu / 17:44 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






宙に浮くエアカーが主流となった遠い未来。
それでも、
地面を走る車でレースを行う人々。
時代遅れであることは百も承知。
しかしレースを愛するレーサーと観客たち。
そんな心意気を反映したような作画が見事な映画。

ただ残念なのは冒頭のレースの方が本番のレースよりも、
面白く感じてしまったこと。
個性的なレーサーを生かして、
レース自身の駆け引きで魅せてくれたほうが、
面白かったのではないか。
そこが残念な映画。


とても豪華な声優陣。
特に蒼井優さんはとても上手。
それも見事な映画。
ずっとずっと未来。
それでも地面を走る車でのレースに熱狂する人々。
そして命懸けで速さを競うレーサーたち。
そんなレーサーの一人、JP。
何でもありのレースにおいて、
武器を使わず、あえてスピードでのみ勝負する男。

ストーリーはあって無きがごとし。
というよりも、
それを描こうとは意図していないように感じられた。
JPのソノシーへの恋心やフリスビーとの友情、
ソノシーとマシンヘッド(父親?)との関係など、
面白くなりそうな題材が散りばめられてはいるものの、
その辺りは深くは描かれてはいないように感じられた。

その代わりに描かれていたのは、レースの加速感。
デフォルメされて描かれるJPの姿。


ただ残念なのはREDLINEでのレースが、
レーサー同士の戦いではなく、
国防軍や生態兵器との戦いに終始していたこと。
最後の勝負のみ、レースの緊迫感が溢れてはいたが、
全篇をそのように描くのは難しかったのだろうか?
そこが残念な映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2171 / タイトル ら行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.