fc2ブログ
  シン・仮面ライダー  
2024.04.11.Thu / 20:38 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。







人にとっての幸福とはなんであろうか?

力が無かったばかりに、
守りたい人を守ることができなかった。
ならば、力を得れば幸せにつながるのだろうか?

突然襲い来る悲劇。
その悲劇を避けるには、
人と人との無理解を解消し、
一つに融合されれば悲劇は避けられるのか?

しかし、幸福とは、
相手を理解しようと努力し、
突然の悲劇の痛みに耐え、
その遺志を継いでいく先にこそ、
あるのではないのだろうか?
少なくとも環境によって与えられるものではなく、
求め続けなければ、
得られないものなのではないのだろうか?

人にとっての幸福とはなんであろうか?
そんなことを感じた映画。



人類を幸福へと導くために結成された秘密結社SHOCKER。
SHOCKERに改造されてしまい、バッタオーグとなった本郷猛。
同じく生体電算機として生み出された緑川ルリ子。
共にSHOCKERを裏切った二人。
元はとても心優しい青年だった。しかし、
与えられた圧倒的な殺傷能力に戸惑う本郷。
しかし、本郷は決意する。
自身の力を人々の為に使うことを。

自身の無力故に父親を救えなかった。
力があれば助けることができたはずだった。
しかし、それだけでは足りないのだろう。
力があれば悲劇を避けられるわけではない。
その力を、いかに使うかが重要なのだ。


あなたを信用してはいない、けれど、あなたの力はあてにしている。
最初は本郷を信用していなかったルリ子。
それは単に利害関係を一致させているだけの関係。
しかし、本郷の覚悟と決意を知る。
ルリ子の想いを知る。
そしてお互いを信頼するようになった二人。


全ての人類のプラーナをハビタットに送る。
それが人類すべてに幸福をもたらすという目的に対して、
SHOCKERが出した最終手段。
そして、ルリ子の兄であるイチローが、
世界に絶望して導き出した回答。
しかし、それを否定するルリ子。


カマキリ・カメレオンオーグに殺害されてしまうルリ子。
マスクに宿ったルリ子の遺志を継ぎ、イチローに対峙する本郷。
激戦の末、イチローとルリ子を和解させることに成功する。
人間をもう一度信じてみよう。
絶望の果てに全てを無かったことにするのは、
幸福への道ではない。
それは単に逃げているだけなのだろう。
あまりにも険しい幸福への道。
その道が険しいからと言って諦めたのならば、
幸福には辿り着けないのだろう。


プラーナを使い果たして命を落とす本郷。
しかし、本郷とルリ子の遺志は一文字が継ぐ。
したかったことは完遂はできなかった。
しかし、イチローに届けることはできた。
そして遺志を継いでくれる者も居る。
その結末は完璧ではないが十分幸福と呼べるはずだ。
そして二人が求め戦い続けたからもたらされた結果なのだろう。


人にとっての幸福とはなんであろうか?
そんなことを感じた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.2179 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.