2005.03.20.Sun / 22:44 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。

独特の世界観を持った映画です。
そして、特撮ばかりではなく、
主演の二人の息の合った演技が面白い映画でした。

モノクロを使って上手に作り出されたノスタルジックな世界観。
微妙にボケた映像、とくにオープニングの雪。
レトロなマシンと、レトロなヒーロー。そしてレトロな光線銃。
ワッカになって発射される光線や、
救援を呼ぶラジオ電波(?)もワッカになっていたりと、
遊び心をくすぐり、見ていてとてもうれしい。

しかし、この映画はそれだけではありません。
映画の雰囲気を十分理解し、忠実に演じた二人のヒーローとヒロイン。
クールなんだけど、ドジなヒロインをグウィネス・パルトロウが好演。
とくに、ジュード・ロウとのやり取りは、笑わせてくれます。
二人は腐れ縁というのを見事に表現。
ジュード・ロウとアンジェリーナ・ジョリーのやり取りを、
つまらなそうに聞いているグウィネスの顔が、絶妙。
馬鹿にしているようでいて、実は、やきもちを焼いていて、
そして、すねている、、そんな表情がとても笑えました。

そして、アンジェリーナ・ジョリーが、かっこいい。
特にあの眼帯。
そして勇猛果敢にも敵に突っ込む、あの勇姿。

おしゃれに笑わせてくれるラストシーンもナイス。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.264 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.