トニー滝谷  
2005.05.02.Mon / 13:09 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。

何かを奪われ、それを補うのに
人は何を求めるのであろうか?
しかし、求めるべきものがある人は
幸せなのかもしれない
求めるべきものが分からない人
求めるべきものが存在しない人
求める方法がわからない人
そんな人は、心の隙間をなにで埋めるのだろうか?


小さい時から、なにも与えてもらえなかったトニー。
孤独を寂しいとは感じませんでした。
しかし、同じにおいを持った女性と出会い、孤独が終わります。
そして、人を恋したと同時に、寂しい気持ちをも知ります。
気持ちが違えば、それまで聞きなれた父の演奏も違って聞こえるのでしょう。
しかし、再び孤独に、以前とは違った本物の、さびしい孤独に陥ります。
妻が服を求めたのは、きっと心の隙間を埋めるため。
トニーが別な人に服を着せたかったのも、心の隙間を埋めるため。
でも、それでは埋まらない心の隙間。

過去の思い出の品を手放しても、それは埋まりません。
思い出すのは、妻のために泣いてくれた見ず知らずの女の子。
それは、トニーの気持ちを代弁してくれたのであろう女の子。
トニーは、本当は彼女のように泣きたかったのかも知れません。
それすら分からずに、彼女とのつながりを断ち切れません。


他人からは何も与えてもらえず、なにも与えず、
ただ、正確にこの世界を写し描いてきた。
そんな彼には、この世界では、妻しか、知らなかった。
そんなトニーは、隙間を埋める方法すら知らず、そして、術も無く、
忘れたふりをして、今日も暮らすのでしょう。

宮沢りえさんをスクリーンで見るのは、実は初めて。
ものすごくよかった。
透明感のある妻の役と、すごく素直で普通な女の子の役。
どちらも、とてもすばらしい。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.279 / タイトル た行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.